ビジネスカード

個人事業主のクレジットカードの屋号は?屋号付きの銀行口座にする

個人事業主クレジットカード屋号

個人事業主の方でクレジットカードに屋号は付くのか気になる方は多く見られます。できれば、屋号付きのクレジットカードにしたいものですよね。

ただ個人事業主の場合、屋号付きの銀行口座を指定することはできますが、ほとんどクレジットカードの券面に屋号は付きません。株式会社だけが券面に会社名を刻印できるからです。

しかし、その中でも個人事業主でも屋号を付けられるクレジットカードは存在します。

本記事では、個人事業主のクレジットカードに屋号が付かないことや屋号を付けられるクレジットカードをご紹介します。

また、屋号が付かなくてもクレジットカードとしての機能は問題ありません。そのため、屋号が付かないが、おすすめのクレジットカードもご紹介させていただきます。

個人事業主の場合クレジットカードに屋号はつかない

個人事業主は、クレジットカードに屋号が付きません。あくまでも名義が個人になるため、クレジットカードの券面には個人名が刻印されます。

個人事業主は、名義が個人だからです。株式会社の場合は、会社名義でクレジットカードを発行できます。そのため、券面に会社名が刻印されます。

仮に、屋号付きの銀行口座を開設したとしても、個人事業主は、屋号があろうとなかろうと名義が個人になり、あなた自身です。

したがって、クレジットカードの券面には屋号が刻印できないことを覚えておきましょう。

個人事業主は屋号付きの銀行口座を用意しよう

個人事業主の方は、プライベート用口座とビジネス用の口座を用意するようにしましょう。

銀行口座に関しては、屋号付きの口座名を用意できますので、ビジネス用とわかるように屋号名義の口座を開設しましょう。

屋号付きの銀行口座がないと確定申告のときに困る

個人事業主の方で、プライベート用の口座に売り上げを入金している方は、口座を分けるようにしてください。

プライベートの振り込みと売り上げの振り込みが、同じ口座だとどれがプライベートなのかわかりません。また、売り上げの管理も難しくなります。通帳記入したとしても、どれが売り上げや支払いなのかわかりにくいですよね。

個人事業主の方が確定申告をする場合、帳簿の金額と銀行口座に誤差があると青色申告の65万円控除を受けることができません。

そのため、青色申告の10万円しか指定できなくなります。業務を簡略化するためには、必ずビジネス用の銀行口座を用意するようにしてください。

屋号付きの銀行口座でクレジットカードを支払う

屋号は刻印されませんが、個人事業主の方でも屋号付きの銀行口座を指定することは可能です。そのため、事業用のクレジットカードを作った場合は、その口座を利用しましょう。

屋号名義で銀行口座を用意すれば、ビジネス用と分かります。事業の売上の入金や支払いはその口座を使うようにしてください。

「プライベート用口座とクレジットカード」「事業用の口座とクレジットカード」をそれぞれ分けるようにしましょう。プライベートと事業のお金のやり取りが別々になりますので、経理が楽になります。

個人事業主でも屋号が付くクレジットカード

基本的に個人事業主の場合、クレジットカードの券面に屋号は刻印されません。しかし、三井住友ビジネスカードfor Ownersであれば、屋号付きのクレジットカードを発行することができます。

屋号付きのクレジットカードが欲しい方は、三井住友ビジネスカードfor Ownersを申し込むようにしてください。

三井住友ビジネスカードfor Ownersの特徴

クラシック(一般) ゴールド プラチナ
券面
申し込み資格 満20歳以上の個人事業主の方
年会費 1,250円+税
初年度無料
10,000円+税
初年度無料
50,000円+税
追加カード年会費
(1枚につき)
400円+税
(初年度無料)
2,000円+税
(初年度無料)
5,000円+税
ETC発行枚数 クレジットカード1枚に対してETCカードは1枚だけ発行可能
ETC年会費 500円+税(初年度無料、年1回以上利用で翌年度無料)
限度額 原則10~80万円 原則50~200万円 原則200~500万円
国際ブランド
海外旅行
傷害保険
適用条件 利用付帯 自動付帯 自動付帯
死亡・後遺障害 2,000万 5,000万 1億
傷害・疾病治療 50万 300万 500万
賠償責任費用 2,000万 5,000万 1億
携行品損害
(免責3,000円)
15万円
(1旅行/年間)
50万円
(1旅行/年間)
50万円
(1旅行/年間)
救援者費用 100万 500万 1,000万
国内旅行
傷害保険
適用条件 なし 利用付帯 自動付帯
死亡・後遺障害 5,000万 1億
入院費用 5,000円/日 5,000円/日
手術費用 最高20万 最高20万
通院費用 2,000円/日 3,000円/日
ショッピング保険 年間100万円まで
(海外のみ)
年間300万円まで
(国内・海外)
年間500万円まで
(国内・海外)
ポイントプログラム 「ワールドプレゼント」
支払い方法 1回払い・リボ払い・分割払い・2回払い・ボーナス一括払い
支払い日 15日締め翌月10日支払い、または月末締め翌月26日支払い
空港ラウンジ なし

詳細ページ公式ページ

三井住友ビジネスカードfor Ownersは、個人事業主の方でも発行できるクレジットカードです。個人事業主の方向けに作られているクレジットカードだからです。

独立して間もない方や、業績があまりない個人事業主の方でも審査に通りやすいクレジットカードです。三井住友ブランドになるため、ブランド力もあり使い勝手の良いクレジットカードになります。

また、申し込みの際に「決算書」「登記簿謄本」などの書類も必要なく、運転免許証があれば審査に通ります。これであれば、誰でも気軽に申し込みができますよね。

三井住友ビジネスカードは、法人用もありますが、三井住友ビジネスカードfor Ownersは、あくまでも個人事業主の方向けです。審査を厳しくするのではなく、多くの個人事業主の方に利用してもらいたいカードになります。

あまり業績のない個人事業主の方にとってはとてもうれしいですよね。

屋号はつかないが審査に通りやすいクレジットカード

屋号はつきませんが、審査に通りやすく使いやすいクレジットカードをご紹介します。

クレジットカードの券面に屋号がなくても機能に問題はないため、屋号にこだわるのではなく使い勝手を重視してクレジットカードを選ぶのも1つの方法です。

それではご紹介します。

JCB法人カード

JCB一般法人カード JCBゴールド法人カード
券面
年会費 1,250円+税
初年度無料
10,000円+税
初年度無料
追加カード年会費 1,250円+税/枚
(初年度無料)
3,000円+税/枚
(初年度無料)
ETC発行枚数 複数枚発行OK
ETC年会費 無料
還元率 0.5%
限度額 公式サイト参照 公式サイト参照
国際ブランド

JCB法人カードは、キャンペーン開催中です。3つのキャンペーンをクリアすると最大5,000円キャッシュバックされます。

  1. 新規発行で3,000円分のJCBギフトカードプレゼント!(一般カード・ゴールドカード両方)
  2. 使用者追加で最大2,000円分のJCBギフトカードプレゼント!
  3. 携帯電話や公共料金の支払いで抽選で10,000円キャッシュバック

アメリカンエキスプレス・ビジネスゴールド・カード

年会費 31,000円+税 当サイトからの発行で初年度無料
追加カード年会費 12,000円+税/枚
ETC発行枚数 5枚まで可
ETC年会費 500円+税/枚
限度額 審査により個別に決定
国際ブランド

詳細ページ申し込みはこちら

  1. 当サイトからお申し込みの方は、初年度年会費31,000円(税抜)が無料!
  2. 入会初年度に200万円以上のカード利用で30,000ポイントプレゼント!ポイントはマイル、商品券等へ交換できます。
  3. 独立初年度でもゴールドカードが発行できる