ビジネスカード

個人事業主クレジットカードの使い分け:個人名義分ける?分けない?

個人事業主クレジットカード分ける

「自営業・個人事業主の方でクレジットカードは個人名義のほうがいいのか」という方は多くいらっしゃいます。クレジットカードで経費の支払いをする方は、プライベート用とビジネス用のクレジットカードを必ず分けるようにしてください。

分けないと経理処理が大変です。明細書を確認してもどの支払いがプライベート用なのか、ビジネス用なのかわかりません。

このページでは、自営業や個人事業主の方のためにクレジットカードの使い分けについてご紹介します。プライベート用とビジネス用を分けると事業がスムーズになります。

クレジットカードは個人名義と分けるほうがいい

冒頭でもお伝えしましたが、クレジットカードは個人名義と事業名義を分けるようにしてください。以下のような理由があるからです。

  • プライベートと事業の区別がつかない
  • 分けないと経理処理が手間になる
  • 銀行口座をプライベートと事業用で分ける

それでは順番にご紹介していきます。

プライベートと事業の区別がつかない

プライベート用のクレジットカードでビジネスの支払いをすると、明細書を確認してもプライベートとビジネスの区別がつきません。支払いの度に、領収書を貰わなければいけません。

たとえば、出張で新幹線の費用をクレジットカードで支払う場合、経費として計上するためには領収書が必要です。

しかし、事業用クレジットカードがあれば明細書が領収書変わりになりますので、領収書を貰わなくても経費処理できます。

領収書の管理などが楽になるため、自分自身確定申告する方はビジネス用のクレジットカードを作成しましょう。

分けないと経理処理が手間になる

個人用のクレジットカードで支払うと領収書の管理が手間です。

また、クレジットカードの明細書を後で確認してもどれが経費なのかわからなくなります。経費として計上するのを忘れる恐れがあるので、そうなった場合は、税金を多く払うことになります。

一方、事業用のクレジットカードであれば、そのカードで使用したものが全て経費と分かるため、明細書を確認して経費計上できるのです。

管理人はビジネス用のクレジットカードを持っていますが、以下のように明細書をインターネット上からダウンロードできます。

アメックスビジネスご利用明細

過去1年分の明細書がダウンロードできるため、経費処理が簡単です。

経費処理を忘れることもありません。また、申告漏れやミスなどもなくなります。自営業や個人事業主の方で経理処理や確定申告を行う方は、事業用のクレジットカードを用意しましょう。

銀行口座はプライベートと事業用を分ける

クレジットカードをプライベート用と事業用を分けたほうがいいと説明しました。このとき、銀行口座もプライベート用とビジネス用を分けるようにしてください。

  • プライベートは、プライベート用の銀行口座とクレジットカード
  • ビジネス用は、ビジネス用の銀行口座とクレジットカード

こうすれば、プライベートとビジネスのお金の流れがはっきりするのでわかりやすいです。

クレジットカードだけでなく、銀行口座もプライベート用とビジネス用を分けるようにしましょう。

クレジットを事業用と個人名義を分けるメリット

個人事業主の方がクレジットカードを事業用と個人名義と分ける場合、いくつかのメリットがあります。具体的にどのようなメリットがわからない方は、これからご紹介するメリットを参考にしましょう。

確定申告や経理処理をしやすい

先ほどもお伝えしたように、確定申告や経理処理が簡単になります。

自分自身で経理を行ったり確定申告をしたりする方は、事業用のクレジットカードを分けるとわかりやすくなります。

プライベート用のクレジットカードで支払いをした場合、領収書がもらえる店舗などではいいですが、インターネット上の通販で経費になるものを購入した場合、領収書をわざわざ申請したり電話したりして発行して貰わなければいけません。

手続きが面倒です。ついつい忘れてしまいますよね。

万が一領収書が貰えなかった場合、経費として計上できない恐れがあります。その場合、多く税金を支払うことになります。

先ほどご紹介したように、ビジネス用のクレジットカードであれば、過去の明細書をダウンロードして確認できます。

そこに記載してある支払いは経費であると判断できますので、経費処理し忘れなどを防げますよね。

税理士に任せるのではなく、自分自身で確定申告をする方は簡単に経費処理するためにも、クレジットカードはプライベート用と事業用を必ず分けるようにしてください。

税務調査で指摘されにくくなる

確定申告をきちんと行わないと税務調査が来る恐れがあります。経費として認められない場合、追徴課税を請求され、その分の税金を納めなければいけません。

クレジットカードを事業用として持っていない場合、税務調査で指摘される可能性は高いです。

プライベート用とビジネス用のクレジットカードを分けていないと、仕訳ができていないと判断されてしまうからです。

追徴課税を請求される恐れがある

自身では経費だと思っていても、税務調査で「経費として認められない」と判断されてしまえば、追徴課税を請求される恐れがあります。そうなってしまうのは困りますよね。

個人用と事業用を分けることは、プライベート用の支払いとビジネス用の支払いを明確に分ける意味があります。これは当然のことであり、ほとんどの個人事業主の方がプライベート用と事業用のクレジットカードを分けています。

個人事業主としてビジネスを行っている以上、きちんと経理処理をしなければいけません。

そのためには、プライベート用と事業用でクレジットカードを分けることはとても重要なことです。

プライベート用と事業用でクレジットカードを分けていない方は、必ず分けるようにしましょう。そして、無駄のない経理を行うようにしてください。

クレジットカードの年会費が経費になる

事業用のクレジットカードの年会費は、経費として計上できます。仕事を簡略化するために必要な費用になるため、経費として計上可能です。

しかし、プライベート用と事業用でクレジットカードを分けていない場合、年会費を経費として計上できません。プライベートで使用する年会費は、ビジネスに必要なお金だと認められないからです。

管理人も個人事業主ですが、プライベート用と事業用のクレジットカードを分けています。

事業用は仕事で使うため、年会費31,000円(税抜)を支払ってアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードを使っています。

年会費は高いものの、限度額や使いやすさを重視しているため、非常に満足しているカードです。限度額も大きいですし、ショッピング保険などのサービスも充実しています。

仕事で使うことを考えているため、高い年会費を払う価値があると考えています。年会費は経費として計上できるので、年会費の高さはそこまで気になりません。

個人事業主は、社長です。事業を大きくするためや業績を上げるためには、そういった年会費への投資が重要ではないでしょうか。

とはいえ、ビジネスカードの中でも使いやすくて年会費は安いものがあります。「年会費は安いほうがいい」という方は、まずは、年会費が安くて審査に通りやすいカードを使ってみてはいかがでしょうか。

これから独立して自営業・個人事業主になる準備

これから個人事業主として独立する方、個人事業主として独立したばかりの方は、まずは屋号付きの銀行口座や事業用クレジットカードを申し込みしましょう。

屋号付きの銀行口座を開設する

個人事業主の方でビジネス用の銀行口座を持っていない方は、銀行口座を開設しましょう。このとき、屋号付きの銀行口座を開設しましょう。

屋号とは、個人事業主の会社名のようなものです。領収書などを貰うときに宛名を屋号で書いてもらうことが可能です。必ずしも屋号を設定する必要はありませんが、これからビジネスを行っていく上で屋号が無ければ全て個人名になってしまいます。

たとえば、商工会などに加入する場合、屋号が無いと個人名がそのまま名簿に記載されてしまうので、屋号があったほうがプライバシーの問題を回避できます。

また、屋号付きの銀行口座であれば、ビジネス利用だとわかりやすいですよね。

銀行に行けば簡単に作れる

屋号付きの銀行口座は、銀行に行けば簡単に作れます。銀行の窓口に行き、「個人事業主用の銀行口座を作りたい」といえば、通常の銀行口座同様に作成できます。

このとき、屋号付きの銀行印を用意しておくのがおすすめです。代表印や角印、銀行印の3つを開業セットという形ではんこ屋やネットショップで購入できます。

ちなみに以下のようなものです。

個人事業主印鑑

個人事業主として独立するのであれば、屋号の印鑑を作成しておきましょう。事業用の銀行印や代表印などがあると、今後契約書などを交わすときに便利です。

事業用クレジットカードを作成

事業用の銀行口座が作成できたのであれば、事業用のクレジットカードを作成しましょう。個人事業主の場合、サラリーマンよりも審査に通りにくくなります。そのため、発行できるクレジットカードに限りがあります。

しかし、開業したばかりでも発行できる個人事業主向けのクレジットカードがあるため、それを発行するのがおすすめです。

個人事業主におすすめのクレジットカードランキング

個人事業主におすすめのクレジットカードをご紹介します。

個人事業主に人気のクレジットカードになるため、事業用のクレジットカードを持っていない方はぜひ申し込んでみてください。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

申し込み資格 満25歳以上の個人事業主の方
年会費 31,000円+税 初年度無料
追加カード年会費 12,000円+税/枚
ETC発行枚数 5枚まで可
ETC年会費 500円+税/枚
限度額 審査により個別に決定
国際ブランド
  1. 当サイトからお申し込みの方は、初年度年会費31,000円(税抜)が無料!
  2. 入会初年度に200万円以上のカード利用で30,000ポイントプレゼント!ポイントはマイル、商品券等へ交換できます
  3. 設立初年度でもゴールドカードが発行できる
  4. 開業届の控え、決算書不要

クレジットカード会社の中でも、最もステータス性の高いビジネスカードが、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードです。管理人が開業して初めて作ったクレジットカードですが、使いやすくてとてもおすすめです。

明細書は1年以上前のものをインターネット上からダウンロードできますので、経理をする際とても重宝しています。

また、アメックスは、起業1年目でも審査に通るクレジットカードとして有名です。

開業届の控えや決算書も不要です。運転免許証だけで審査に通ります。審査も厳しくないため、個人事業主のほとんどの方が発行できている実績があります。そして、アメックスといえば、やはりステータス性ですよね。

接待や会食の際、このカードで支払うと気分がいいです。

「見栄」と言われればそうですが、個人事業主も立派な社長です。そのため、自分自身を高めるためにも、必要なステータス性ではないでしょうか。

当サイト経由であれば初年度年会費無料なので、試しに1年使ってみてはいかがでしょうか。アメックスの詳細は「アメックスビジネスゴールドは個人事業主おすすめ!アメックスの魅力」こちらをご覧ください。

エグゼクティブ・ゴールドフォービズS

エグゼクティブゴールドフォービス個人事業主
年会費 2,000円+税 (初年度無料
追加カード なし
ETC発行枚数 1枚
ETC年会費 無料
キャッシング機能 あり
電子マネー QUICPay・iDに対応
限度額 10万円~300万円
国際ブランド

詳細ページ公式ページ

エグゼクティブ・ゴールドフォービズSは個人事業主向けに作られているクレジットカードなので、審査に通りやすい特徴があります。

また、年会費も安く年間で2,000円(税抜)のコストパフォーマンスの良いゴールドカードです。個人事業主向けクレジットカードのゴールドカードは、一般的に年会費が1万円かかります。

そう考えるとコストパフォーマンスに優れています。値段が安くても機能性に優れています。

コストを抑えつつゴールドカードが欲しい方は、ぜひ申し込んでみてはいかがでしょうか。

JCB法人カード

個人事業主向けのクレジットカードJCB法人カード
年会費  1,250円(税別)
初年度無料
追加カード  1,250円(税別)
初年度無料
還元率 0.5%
ETCカード年会費 無料
ETCカード枚数制限 複数枚発行可能
限度額 公式サイト参照
国際ブランド
海外旅行保険 最高3,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 最高3,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高100万円(国内だけ)

JCB法人カードは、年会費1,250円(税抜)です。使い勝手が良いため、コストパフォーマンスに優れた個人事業主向けのクレジットカードです。

個人事業主の方で独立して1年目の方でも審査に通りやすいです。

申請のしやすさから個人事業主の方が、初めて作るクレジットカードの中で1番人気のカードです。ポイントプログラムもあるので、ご利用に応じてポイントが貯まります。

ポイントが貯まるため、クレジットカードで経費の支払いをする方はJCB法人カードがおすすめです。

三井住友ビジネスカード for Owners

一般カード ゴールドカード プラチナカード
券面
申し込み資格 満20歳以上の個人事業主の方
年会費 1,250円+税
初年度無料
10,000円+税
初年度無料
50,000円+税
追加カード年会費
(1枚につき)
400円+税
初年度無料
2,000円+税
初年度無料
5,000円+税
ETC発行枚数 クレジットカード1枚に対してETCカードは1枚だけ発行可能
ETC年会費 500円+税(初年度無料、年1回以上利用で翌年度無料)
限度額 原則10~80万円 原則50~200万円 原則200~500万円
国際ブランド
海外旅行
傷害保険
適用条件 利用付帯 自動付帯 自動付帯
死亡・後遺障害 2,000万 5,000万 1億
傷害・疾病治療 50万 300万 500万
賠償責任費用 2,000万 5,000万 1億
携行品損害
(免責3,000円)
15万円
(1旅行/年間)
50万円
(1旅行/年間)
50万円
(1旅行/年間)
救援者費用 100万 500万 1,000万
国内旅行
傷害保険
適用条件 なし 利用付帯 自動付帯
死亡・後遺障害 5,000万 1億
入院費用 5,000円/日 5,000円/日
手術費用 最高20万 最高20万
通院費用 2,000円/日 3,000円/日
ショッピング保険 年間100万円まで
(海外のみ)
年間300万円まで
(国内・海外)
年間500万円まで
(国内・海外)
ポイントプログラム ワールドプレゼント
支払い方法 1回払い・リボ払い・分割払い・2回払い・ボーナス一括払い
支払い日 15日締め翌月10日支払い、または月末締め翌月26日支払い
空港ラウンジ なし

詳細ページ公式ページ

三井住友ビジネスカード for Ownersは、三井住友カードが提供している個人事業主向けのクレジットカードです。

年会費も1,250円(税抜)で安く日本国内でも知名度が高いのでステータス性、ブランド力があります。

また、使いやすいのでコストを抑えつつステータス性を求める方におすすめのクレジットカードです。個人事業主向けのクレジットカードの中では珍しく、券面に屋号が刻印されます。

開業届の控えや決算書が不要で運転免許証があれば、カードの申し込みが可能です。

個人事業主向けのクレジットカードということもあり、審査に通りやすいので、「これから事業用のクレジットカードを作りたい」方におすすめです。