ビジネスカード

個人事業主のクレジットカードの申し込み時の審査基準は?

個人事業主クレジットカード審査基準

個人事業主のクレジットカードを申し込む際、審査基準が気になる方は多く見られます。自営業・個人事業主は、サラリーマンに比べるとクレジットカードの審査が通りにくいからです。

個人事業主向けのビジネスカードがあれば、経費の支払いができたり限度額が高くなったりするため、できれば事業用のクレジットカードは欲しいものですよね。

そこで本記事では、自営業・個人事業主の方のためにクレジットカードの申し込み時の審査基準についてご紹介します。

これからクレジットカードの発行を検討している方は、ここで審査基準について勉強しておきましょう。

自営業・個人事業主向けのビジネスカードの審査基準

自営業・個人事業主向けのビジネスカードは、一般的に以下の審査基準があります。

  • 設立3年以上
  • 2年連続黒字
  • 固定電話があるかどうか

これらが審査基準になります。

しかし、初年度でクレジットカードを発行した方もいらっしゃいます。そのため、あくまでも審査基準の目安だと捉えるようにしてください。

それでは、順番にご紹介していきます。

独立・設立3年以上が目安

個人事業主向けのクレジットカードは、独立してから3年以上経営することが条件の1つとされています。

ただ、審査基準に関しては公表されているわけではありません。では、なぜ3年経過しなければ審査に通らないと言われているのでしょうか。それには次の理由があります。

個人事業主は収入が安定しない

冒頭でもお伝えしましたが、サラリーマンに比べて安定した収入がありません。また、独立しても必ず軌道に乗るとは限りません。

そのため、個人事業主の方は独立してから3年以上経過するのが1つの目安とされています。3年以上経営していれば、安定した収入がありクレジットカードを発行しても大丈夫だと判断されるからです。

独立初年度でクレジットカードの審査に通ることもある

ただ、必ずしも設立3年以上経過しなければ、いけないわけではありません。実際に、独立して1年目の個人事業主の方でも審査に通る実績があるからです。

管理人は個人事業主ですが、現在はアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードを発行しています。実は、独立して1年目に審査に通り発行することができました。

アメックス個人事業主審査

売り上げが80万円ほどで経費がかかってしまったので、利益が27万円しかありませんでした。しかし、アメックスのゴールドカードの審査に通ったのです。

アメックスは、個人事業主向けのビジネスカードの中で最もステータス性の高いクレジットカードです。

しかし、審査に通りやすいという実績があります。管理人以外にも多くの個人事業主の方が、独立して1、2年で審査に通っています。

このことを考えると、必ずしも設立3年以上でなければいけないわけではありません。そのため、まずは申し込んでみることが重要です。また、ビジネスカードを申し込んでいない方は、まずは申し込んで審査に通るか確かめてみましょう。

管理人のように簡単に審査に通り、クレジットカードを発行できるかもしれません。

管理人も利用していますが、使い勝手もよく、ステータス性の高さが気に入っています。

2年連続黒字

2年連続黒字であると審査に通りやすくなります。

ただ、これも諸説あります。クレジットカード会社の審査の際、確定申告書のコピーなどを提出しなくても発行できるクレジットカードがあるからです。

つまり、赤字かどうか確認することがなく発行できるクレジットカード会社があります。管理人自身、1年目で20万円ほどの黒字でアメックスのゴールドカードを発行できました。

さらに、確定申告書のコピーなども提出することなく、運転免許証だけで審査に通りました。

したがって、2年連続黒字はあくまでも目安です。2年間黒字であれば審査に通る確率は高くなります。また、審査に通りやすい通りにくいクレジットカード会社があります。

管理人のように発行できるかもしれません。申し込んでみなければわからないため、まずは、申し込んでみることが重要です。

固定電話があるかどうか

クレジットカードを作る場合、固定電話が重要になります。固定電話があるかないかで審査に通らない恐れがあるからです。

クレジットカードの入力画面で必ず電話番号を入力する項目があります。その際は、できれば固定電話番号を入力するようにしてください。

ただ、固定電話を使わなくなったため、用意していない方も多いのではないでしょうか。その場合は、IP電話を契約しましょう。IP電話とは、ネット回線を利用した電話です。

月額500円程度で契約できるため、ビジネス用の電話番号として持っておくと良いです。

たとえば、「050」などで始まる番号になります。管理人は、「050plus」というNTTが提供しているIP電話を契約しました。

固定電話でなくても、IP電話であれば固定電話代わりになります。

実際、クレジットカード会社の入力画面において、固定電話の部分に050のIP電話番号を入力したら審査に通りました。

IP電話は、スマートフォンのアプリに電話がかかってくるため、スマートフォンでの通話が可能です。

電話機を必要としないため、手軽に固定電話の代わりになります。わざわざ固定電話を「用意したくない」「用意するのが手間」という方は、IP電話がおすすめです。

審査に通りやすくするための方法

クレジットカードの審査に通りやすくするためには、いくつかの方法があります。審査に通るか不安の方や審査に通らなかった方は、参考にしてみてください。

開業届を提出する

個人事業主の方は、開業届を提出すると審査に通りやすくなります。開業届を提出すると信頼性が増すからです。そのため、その控えを提出してみるのも1つの方法です。

個人事業主は、必ずしも開業届を提出する義務はありません。提出してもしなくても事業ができるからです。

しかし、開業届を提出している個人事業主の方が、クレジットカード会社からすれば「きちんとビジネスをしている」という判断をされやすいです。

個人事業主の方で開業届を提出していない方は、開業届を提出してみてはいかがでしょうか。

確定申告書のコピーで安定した収入を証明する

個人事業主の方が審査に落ちてしまう理由としては、安定した収入がないからです。サラリーマンに比べると、個人事業主の方は収入が安定してない方が多いのではないでしょうか。

逆を言えば、収入が安定しているのであれば、審査に通ります。過去2年の確定申告書のコピーを提出して、安定した収入を証明できれば審査に通るはずです。

すでに確定申告を行っている個人事業主の方で、安定した収入を証明できる場合、それを証明するとクレジットカードの審査に通るのではないでしょうか。

クレジットカードやローンの延滞をしない

クレジットカードやローンの支払いは、絶対に延滞しないようにしてください。60日間延滞してしまうとブラックリストに入ってしまう恐れがあります。

そうなってしまうとクレジットカードを作ることは難しいです。そのため、クレジットカードやローン関係の支払いは遅れないようにしましょう。

また、携帯電話を延滞してしまうとブラックリストに載ってしまう恐れがあります。携帯電話の本体代金を月々分割払いで支払っている場合は注意してください。本体代金の月々の分割払いもローンによる支払いだからです。

携帯電話の支払いは、多くの方が「ローン」と言う認識がありません。しかし、本体代金の分割払いもローンによる支払いになります。

そのため、携帯電話料金の支払いを遅れてしまうとブラックリストに入ってしまうのです。携帯電話の支払いは、特に注意するようにしてください。

自営業・個人事業主は審査が甘いカードを申し込む

ここまで個人事業主の方のために審査基準などをご紹介してきました。個人事業主の方は、審査が甘いクレジットカードを発行することをおすすめです。

審査に通りやすくてもアメックスやJCBなどの使いやすいカードはたくさんあります。そのため、まずはそれらのカードを申し込むようにしましょう。そうすれば、簡単にクレジットカードを発行できる可能性があります。

審査に通りやすいカードについては、「個人事業主クレジットカードが審査落ち、基準が甘いおすすめカード」の記事でお伝えしています。よろしければ、参考にしてみてください。