ビジネスカードの基礎知識

個人事業主向けクレジットカードとは?プライベート用との違い

個人事業主向けビジネスカード

クレジットカードには、一般用と事業用のカードが存在します。事業用のクレジットカードのことを「ビジネスカード」と呼びます。また、法人カードとも呼ばれます。

プライベートと事業用の支払いを別々にすることで、経理処理を簡単にすることが可能です。

ただ、事業用のクレジットカードを持っていない方は、いまいち事業用のクレジットカードについてわからないのではないでしょうか。

そこで本記事では、個人事業主向けの事業用のクレジットカードについてご紹介します。

事業用のビジネスカードとは

個人事業主の事業用クレジットカードの特徴

個人事業主向けクレジットカードは、ビジネスカードと呼ばれるものです。個人事業主の場合、株式会社とは異なるのでクレジットの名義はあくまでも個人です。

特徴としては、クレジットカードの券面に「BUSINESS(ビジネス)」「CORPORATE(コーポレート)」の文字が記載されてあります。

経費をクレジットカードで支払う場合、プライベートと事業用のカードを分けておく必要があります。プライベートと事業用を分けておくと経理処理が簡単になったり、確定申告が楽になったりなどのメリットがあるからです。

そのため、個人事業主の方は事業用のクレジットカードを作成するようにしてください。

個人事業主向けのクレジットカード引き落とし口座

個人事業主が事業用として持つクレジットカードの引き落とし口座は、「プライベート用の銀行口座」「ビジネス用の銀行口座」の2種類があります。

どちらを選択してもいいのですが、できれば銀行口座についてもプライベート用と事業用を分けるようにしてください。

プライベート用と事業用の銀行口座を分けると、プライベートのお金の流れとビジネスのお金の流れがそれぞれわかりやすくなります。

事業用銀行口座個人用銀行口座

ビジネス用のクレジットカードと事業用の銀行口座を用意する

ビジネス用のクレジットカードと事業用の銀行口座を用意しましょう。プライベート用の入金や支払いをプライベート用の銀行口座で行い、売り上げや経費の支払いなどを事業用の銀行口座で行うようにしてください。

そうすれば、通帳記入やクレジットカードの明細を確認した際に、どの利用が経費になり、ビジネスのための支払いなのかが明確になります。

個人事業主の方で、自分自身で経理や確定申告をしている場合、事業用のクレジットカードと銀行口座を分けていると非常にわかりやすいです。また、経理処理が簡単になります。

事業用の銀行口座は屋号付きにするとわかりやすくなる

事業用の銀行口座を用意する際、「屋号付き」のものにしましょう。屋号とは、個人事業主の会社名のようなものです。屋号付きの銀行口座を用意すると、ビジネス用の銀行口座だとわかりやすくなります。

屋号付きでなくてもビジネス用で銀行口座を利用することも可能です。

しかし、せっかく個人事業主としてビジネスをするのであれば、屋号付きビジネス口座を作りそれを利用しましょう。

屋号付きビジネス口座の作り方

屋号付きビジネス口座の作り方は、個人口座の作り方と同じです。銀行の窓口で「個人事業主用の銀行口座を作成したい」と言えば、口座を開設してくれます。

同じ銀行でも、プライベート用とビジネス用の銀行口座を開設することができます。使い慣れている銀行で事業用の銀行口座を開設してみましょう。

個人事業主向けクレジットカードを導入するメリット

個人事業主向けクレジットカードを導入すると、以下のようなメリットがあります。

  • 私用と事業用の区別が付き経理処理が簡単になる
  • 事業用のクレジットカードのほうが限度額は高い
  • クレジットカードの年会費が経費になる

それでは順番に解説していきます。

私用と事業用の区別が付き経理処理が簡単になる

先ほどもお伝えしましたが、プライベート用とビジネス用のクレジットカードを分けると私用と事業用の区別が付きます。

分けなくても領収書を貰えば経費として計上できますが、領収書の管理が手間ですよね。また、わざわざ領収書を貰わなければいけません。無くしてしまうと経費として計上することは不可能です。

この場合、経費申告ができないため、損をしてしまいます。

私用と事業用の支払いを同じクレジットカードで支払っていると、明細書を確認してもどの支払いが経費なのかわかりにくいです。

そのため、プライベート用のクレジットカードでは、経費では計上できないショッピングや旅行などを利用しましょう。

そして、ビジネス用のクレジットカードでは、仕入れや接待交際費などの経費になる支払いを行えば、明細書を確認するとわかりやすいです。

経理処理が簡単になる

ビジネスカードは、経理処理をする際、インターネット上から明細書をダウンロードできます。そのため、1年分の明細書を1度にダウンロードすることも可能です。

アメックスビジネスご利用明細

これであれば、忘れることもなく明細書の管理も楽です。利用明細書を印刷して保管し、さらにデータとしてパソコン内に保存しておけば安心できます。

自分自身で経理をしている方や確定申告をしている方は、業務を簡略化するために事業用クレジットカードを発行しましょう。

事業用のクレジットカードのほうが限度額は高い

事業用クレジットカードは、限度額が高く設定されています。事業の支払いになると一般カードでは、限度額が足りなくなる恐れがあります。

事業を行うとクレジットカードの支払いは多くなるものです。万が一、支払いが重なった場合に限度額が少ないと不安ですよね。

万が一のことを考え、限度額が高いビジネスカードにしましょう。最悪、使わなくても備えとして用意しておくと安心です。

クレジットカードの年会費が経費になる

事業用のクレジットカードは、年会費が経費になります。事業として利用し、業務を簡略化するための必要経費として認めらえるからです。

利益がある個人事業主方であれば、節税対策にもなります。また、経費として計上できるのであれば、一般カードでなくても年会費1万円のゴールドカードにするのも1つの方法です。

一般カードよりも限度額が高かったりサービスの質が高かったりします。さらにステータス性があります。利益のある方は、ゴールドカードを発行してみてはいかがでしょうか。

個人事業主のビジネスカードの審査基準は?

個人事業主のビジネスカードの審査基準をご紹介します。個人事業主の場合、株式会社向けの法人カードに比べると審査に通りやすいです。

とはいえ、サラリーマンのように安定収入がある方に比べると審査落ちしてしまいやすいです。

ただ、個人事業主向けのクレジットカードの中には、審査に通りやすいクレジットカードも存在します。

たとえば、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードです。アメックスと言えば、ビジネスカードの中では最高峰のステータス性のあるカードです。一般カードで年会費が10,000円(税抜)になり、ゴールドカードは31,000円(税抜)になります。

しかし、そのアメックスですが審査に通りやすい実績があります。

確定申告書のコピーや開業届の控えが無くても審査に通るため、個人事業主の方の中でも審査に通りやすいカードとして有名です。

管理人自身、個人事業主として独立1年目でアメックス・ビジネス・ゴールドカードを発行できました。

アメックス個人事業主審査

ほとんど売り上げがなく、利益が年間で27万円しかありませんでしたが、ゴールドカードの審査に通りました。

個人事業主向けカードの場合、「個人事業主」ということを考慮してクレジットカードを発行してくれるクレジットカード会社があります。

2、3年間頑張り業績を上げてからクレジットカードを申し込むのもいいですが、初年度でも審査に通りやすいアメックスのような使いやすいクレジットカードもあります。ちなみに、初年度年会費無料です。

試しに作ってみるのも1つの方法です。使いにくければ解約してしまえばいいです。