ビジネスカード

個人事業主おすすめ!マイルが貯まるクレジットカードランキング

個人事業主マイルクレジットカード

個人事業主の方向けのクレジットカードの中から、マイルが貯まるおすすめカードをご紹介します。

個人事業主向けのビジネスカードの場合、マイルが貯まらないものがあります。また、貯めたポイントをマイルに移行できないカードもあるので、マイルを貯めたい方はその点に注意しましょう。

種類によって個人事業主向けのビジネスカードでもマイルは溜まるため、マイルを貯めたい方はここでご紹介するカードの中から選べば間違いありません。

マイルが貯まりつつも個人事業主の方が利用する上で便利なカードをご紹介します。それではランキングをご紹介します。

セゾンプラチナ・ビジネスアメリカンエキスプレス・カード
セゾンプラチナビジネスアメリカンエキスプレスカード個人事業主向けのビジネスカードマイル
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 20,000円+税
(年間200万円以上のカード利用で翌年年会費10,000円+税)
追加カード年会費 3,000円+税/枚、4枚まで発行可
ETC年会費 無料
本カード、追加カードそれぞれ最大5枚まで発行可
限度額 審査により個別に決定
国際ブランド

キャンペーン中に限り、最大9,000円プレゼント

当サイトからのお申し込みで、入会翌月末に5万円(税抜)以上のご利用でUCギフトカードが4,000円分プレゼントしています。

入会翌月までにセゾンポイントモールから5,000円(税抜)以上のご利用で抽選でAmazonギフト券5,000円分プレゼント中です。

合計で9,000円が手に入るのでお早めにお申し込みください。

詳細ページ公式ページ

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、JALマイルの還元率が1.125%です。JALの公式カードでも還元率は1%なので、それを考えるとマイルが貯まりやすい個人事業主向けのビジネスカードです。

プラチナカードですが、年会費は20,000円(税抜き)なのでコストパフォーマンスに優れているカードです。プラチナカードが、この値段で持てるのであれば安いですよね。

セゾンクラブというサービスに加入するとマイルへ移行することができます。そのため、マイルを移行する際は、セゾンクラブへ加入するようにしてください。

このセゾンクラブですが、本来であれば年間で4,000円(税別)の費用がかかります。しかし、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードであれば、無料で加入できますので、お金の心配はいりません。

そして、プラチナカードということもあり、プライオリティ・パスが無料で発行できます。プライオリティ・パスは国内外の高級ラウンジを無料で利用できるので、海外旅行に行く方には魅力的ですよね。

ちなみに、プライオリティ・パスの年会費は、$399になるので、これが無料で発行できるのであれば、年会費20,000(税抜き)はすぐに元が取れてしまうのではないでしょうか。

また、海外旅行保険も充実しており、所有しているだけで手厚い海外保険が付きます。個人事業主の方でも発行できるビジネスカードなので、マイルを貯めたい方には一番おすすめできるクレジットカードです。

アメリカンエキスプレス・ビジネスゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
年会費 31,000円+税 初年度無料
追加カード年会費 12,000円+税/枚
ETC発行枚数 5枚まで可
ETC年会費 500円+税/枚
限度額 審査により個別に決定
国際ブランド

詳細ページ申し込みはこちら
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、ANAマイルにポイント移行できます。JALマイルは貯めることはできませんが、ANAマイルを貯めたい方にはおすすめのクレジットカードです。

アメックス・ビジネス・ゴールドカードは、100円で1ポイント貯まります。それをANAマイルに移行できます。ただ、通常アメックス2ポイントでマイル1ポイントの移行になるので、還元率は0.5%です。

しかし、年会費3,000円を支払うとメンバーシップ・リワード・プラスに加入できます。これに加入すると、ANAマイルに1ポイント1マイルで移行できるようになります。

ANAマイルを貯めたい方にはアメックスのゴールドカードがおすすめです。もちろん、マイルを貯めるだけではなく、海外保険や空港ラウンジなど、ゴールドカードならではの特典がたくさん付いています。

ステータス性も高くマイルも貯まりやすいので個人事業主の方におすすめできるクレジットカードです。

オリコ・エグゼクティブ・ゴールドフォービズ
エグゼクティブゴールドフォービス個人事業主
EX Gold for Biz S iD×QUICPay
年会費 2,000円+税 (初年度無料
追加カード なし
ETC発行枚数 1枚
ETC年会費 無料
キャッシング機能 あり
電子マネー QUICPay・iDに対応
限度額 10万円~300万円
国際ブランド

詳細ページ公式ページ

オリコ・エグゼクティブ・ゴールドフォービズは、マイルを貯める個人事業主カードとして最もコストパフォーマンスに優れているカードです。

個人事業主だけれども、毎月10万円くらいしかカードを利用しない方もいるのではないでしょうか。

そういった方でもオリコ・エグゼクティブ・ゴールドフォービズであれば、年会費が2,000円税抜きなのでとても安いです。また、初年度年会費無料なので、とてもお得です。恐らく、マイルの貯まる個人事業主カードの中では最も安い年会費ではないでしょうか。

ただ、年会費が安い分セゾンプラチナやアメックスゴールドカードに比べるとマイルの還元率はよくありません。年間で200万円利用して1.1%です。

カードをよく利用してマイルを貯めたい方は、セゾンプラチナやアメックスゴールドカードを発行しましょう。

とはいえ、年会費2,000円(税抜き)でマイルをこれだけ貯められるクレジットカードは、個人事業主向けのクレジットカードの中でオリコ・エグゼクティブ・ゴールドフォービズしかないです。

そのため、最もコストパフォーマンスに優れています。コスパを重視する方はこのクレジットカードを発行しましょう。

経費をクレジットカードで支払いマイルと貯める

個人事業主向けクレジットカードの場合、経費を使ってマイルを貯めることができます。

ビジネスになると経費による支払いは多くなり、金額も高額になるので積極的にクレジットカードでマイルを貯めるようにしましょう。

経費の支払いマイルを貯める

クレジットカードを利用するとポイントが貯まります。そのポイントを移行してマイルを貯めるのが、個人事業主向けのクレジットカードでマイルを貯める方法です。

したがって、経費になるものは積極的にクレジットカードで支払うようにしましょう。たとえば、以下のようなものが経費になります。

  • 広告費
  • 仕入れ
  • 仕事で使う道具
  • 高速道路代
  • ガソリン代
  • 交際費

これら以外にもありますが、代表的なのはこれらになります。ビジネスになると金額も個人に比べて大きくなるので、これらの支払いをカードでするとあっという間にポイントがたまります。

個人事業主向けのクレジットカードでも、還元率が高いカードを使用すれば簡単にポイントは貯まります。

セゾンプラチナやアメックスゴールドであれば、ポイントは貯まりやすいのです。ポイントを貯めて移行させてマイルを貯めたい方は、これらのカードを発行するようにしてください。

マイルはポイント移行で貯める

飛行機でもマイルは溜まりますが、頻繁に飛行機に乗らない限りマイルは溜まりません。実際にマイルを貯めている方たちは、日々の支払いをクレジットカードで支払っている方ばかりです。

したがって、マイルを貯める際はポイント移行で貯めるのが王道です。

航空会社が提供しているクレジットカードは、飛行機でマイルは貯まりやすいですが、日々の経費の支払いではマイルが貯まりません。

マイルを貯めたい方は、ここでご紹介したカードの中から選ぶことをおすすめします。

飛行機でもマイルが貯まりますし、日々の経費の支払いでもマイルが貯まるからです。飛行機でマイルを貯めるのではなく、ポイント移行でマイルを貯めるようにしてください。

それが個人事業主の方が効率よくマイルを貯めるコツです。

クレジットカードで貯めたマイルはあなたが使える

大きな規模の個人事業主で従業員がいる場合、従業員が使った経費でもあなたがマイルを使うことができます。会社名義のクレジットカードでポイントを貯めているからです。

もちろん、個人使用でマイルを使うこともできます。実際、ほとんどの経営者が経費で貯めたマイルをプライベートで利用しています。これが個人事業主の特権になるので、積極的に会社の経費でマイルを貯めて私用で使いましょう。

また、経費で貯めたマイルは税務調査で指摘されることはありません。税務署もクレジットカードのポイントやマイルまで把握することができないからです。

マイルをプライベートで使用することは、個人事業主の方の中では当たり前に行われているので、気にせず利用してください。

マイルの法人カードの比較ポイント

個人事業主向けのクレジットカードの中で、マイルが貯まりやすいカードを比較するポイントをご紹介します。マイルを貯めるカードを比較する際は、以下のポイントに注意しましょう。

  • マイルの還元率
  • 年会費
  • 移行手数料

順番にご紹介していきます。

マイルの還元率

マイルを貯めるクレジットカードを比較する上で、マイルの還元率はとても重要です。還元率1%と0.5%では大違いだからです。

10,000円の利用でも還元率1%であれば、マイルが100ポイント貯まります。しかし、還元率0.5%の場合、50ポイントしか貯まりません。これでは、マイルを貯めるのに相当な金額が必要になりますし、なかなかマイルは貯まりません。

個人事業主の方でマイルを溜めるためには、マイルの還元率に注意してクレジットカードを選ぶようにしましょう。

年会費を比較する

クレジットカードを比べるときは年会費を比較しましょう。年会費が高いカードはマイルが貯まりやすいです。

ビジネスでクレジットカードを頻繁に利用する方は、年会費の高いカードのほうがマイルは貯まりやすいのでお得です。

一方、月々5万円くらいしかクレジットカードを利用しないので、「年会費は抑えつつマイルを貯めたい」という方は、年会費の安いカードを選ぶようにしてください。

仮に、毎月10万円以上使うのであれば、年会費の高いカードでマイルを貯めるほうがトータルで考えるとお得です。マイルを貯めて有効利用しましょう。

移行手数料

クレジットカードの種類によっては、移行手数料がかかってしまうカードがあります。せっかくポイントを貯めてマイル移行仕様としても、無駄なお金がかかってしまうのではもったいないです。

たとえば、航空券が発行しているANA JCB法人カードなどは、移行手数料が年間で5,000円発生します。

5,000円をポイントで貯めるとすると、還元率1%だと50万円カードを利用しなければいけません。移行手数料がかかると損をしてしまうのです。これではポイントでマイルを貯める意味がありません。

安易に「航空会社が提供しているからマイルが貯まりやすい」と考えていると損をする恐れがあります。

種類によっては、手数料が発生してしまうのでクレジットカードを選ぶ際は手数料が無料のところを選ぶようにしてください。

ここでご紹介したカードは手数料が無料になりますので、安心してマイルを貯められます。

個人事業主クレジットカードマイルカード比較表

ランキング1位 ランキング2位 ランキング3位
年会費 20,000円(税抜き) 31,000円(税抜き) 2,000円(税抜き)
還元率 1.125% 1% 0.6%
初年度年無料 年会費がかかる 当サイト経由で無料 無料
プライオリティパス あり なし なし
ステータス性 高い 高い 普通
海外保険 手厚い 手厚い 普通
申込み 申込み 申込み