ビジネスカード

【個人事業主向けクレジットカード】JCB法人カードの特徴

JCB法人カード個人事業主

個人事業主の方に人気のビジネスカードといえば、「JCB法人カード」です。個人事業主でも審査に通りやすく、使いやすいため、人気のビジネスカードになります。

ゴールドカードのサービスはもちろんのこと、ETCカードは無料で複数枚発行できるなど、個人事業主にとってはとても使い勝手がいいです。

また、ブランドがJCBなので国内ではほとんどの場所で利用できます。個人事業主の方でクレジットカードに迷っているのであれば、JCB法人カードをおすすめします。

JCB一般法人カード JCBゴールド法人カード
券面
年会費 1,250円+税
初年度無料
10,000円+税
初年度無料
追加カード年会費 1,250円+税/枚
(初年度無料)
3,000円+税/枚
(初年度無料)
ETC発行枚数 複数枚発行OK
ETC年会費 無料
還元率 0.5%
限度額 公式サイト参照 公式サイト参照
国際ブランド

ネットからの申し込みで初年度年会費無料!申し込みはこちら

JCB法人カードは、キャンペーン開催中です。3つのキャンペーンをクリアすると最大5,000円キャッシュバックされます。

  1. 新規発行で3,000円分のJCBギフトカードプレゼント!(一般カード・ゴールドカード両方)
  2. 使用者追加で最大2,000円分のJCBギフトカードプレゼント!
  3. 携帯電話や公共料金の支払いで抽選で10,000円キャッシュバック

個人事業主に人気のJCB法人カードの特長

JCB法人カードは、個人事業主の方にとても人気のカードです。どのような特長があるのかをご紹介していきます。

年会費が初年度無料

JCB法人カードは、初年度は年会費が無料です。2年目以降になると年会費が発生しますが、一般法人カードは「年会費1,250円+税」がかかります。そして、ゴールドカードは、「年会費10,000円+税」になります。

また、追加カードに関しても初年度は年会費が無料です。

なおかつ、法人カードを発行した方には、JCBのギフト券が3,000円プレゼントされるので、一般カードであれば、実質3年無料になります。

また、ゴールドカードの年会費も2年目が7,000円程度の自己負担になるので、せっかくならゴールドカードを作成してみてはいかがでしょうか

ETCカードを無料発行できる

高速道路を移動する際、ETCカードは必要不可欠です。また、ETC割引などもあるため、車を運転する個人事業主の方、ETCカードがあると非常に便利ですよね。

また、法人名義のETCカードがあれば、カードの明細書で経費申告できますので、現金払いで領収書を貰って保管する手間が省けます。従業員がいる場合は、高速道路の領収書の管理が手間です。

また、現金払いだとETCよりも高速料金が割高になるため、ものすごく損です。

さらにJCB法人カードは、ETCカードを無料で複数枚発行できますので、従業員がいる方はさっそく発行しましょう。あなたの履歴はもちろんのこと、ETCカードの利用明細は、WEB上で確認できます。

そのため、従業員の高速道路の利用頻度や距離など、すべての管理ができてしまいます。仕事で高速道路の移動をする個人事業主の方は、JCB法人カードがおすすめです。

使いやすい法人カード

開業1年目の個人事業主の方でも審査に通りやすく、ETCが無料で発行できたり、国内ほとんどで使うことのできたりするJCBブランドは非常に使い勝手の良い法人カードです。

クレジットカードにこだわりがなく、個人事業主としてどのクレジットカードを発行すればいいのかわからない方は、JCB法人カードが年会費も安く使いやすいのでおすすめです。

JCB法人カードは2種類タイプから選べる

JCB法人カードは、「ポイント型」「キャッシュバック型」の2種類があります。それぞれ特徴が異なるので、あなたの利用方法に適したタイプを選びましょう。

ポイント型JCB法人カードの詳細

個人事業主jcbクレジットカード

ポイント型のJCB法人カードは、1,000円で1ポイント貯まり、200ポイントから商品に交換できます。

ただ、ポイントを貯めるためには、使い方を意識しましょう。同じ金額でも工夫することで2~20倍のポイントになるからです。

※クリックして拡大できます

通常の買い物や経費では、ポイントは1倍ですが、「JCB ORIGINAL SERIES パートナー」を利用するとポイントの倍率が2倍以上になるため、ポイントが貯まりやすくなります。

そして、JCBが運営する「OkiDokiランド」を利用するとポイントが2~20倍になります。これは、ポイントサイトと呼ばれ、このサイトから商品を購入するだけでポイントが数倍になるサービスです。

楽天やアマゾン、ヤフーショッピングなど超大手ネットショップがOkiDokiランドに提携しているため、インターネットでの買い物はOkiDokiランドを利用するようにしましょう。

何かを購入する場合に、同じ金額でポイントが数倍であれば、OkiDokiランドを利用しないのはもったいないですよね。

キャッシュバック型JCB法人カードの詳細

JCB法人カードキャッシュバック型

キャッシュバック型JCB法人カードは、月々の利用金額によってキャッシュバック率が決定し、翌月のカードご利用分から毎月最大15,000円「交通費・出張旅費」がキャッシュバックされるというものです。

そして、年間で最大18万円までキャッシュバックできます。それでは、どのような流れか解説していきましょう。

STEP1.カードを利用する

JCB法人カードで毎月16日〜翌月15日までの間に交通費・出張費・接待費・通信費を月間で5万円以上使うようにしてください。

  • ご利用金額が5万円未満の場合、キャッシュバックの対象になりません。
  • 掲載のご利用金額はすべて税込です。

STEP2.ご利用金額に応じてキャッシュバック率が決定

利用額に応じてキャッシュバック率が決まります。

先ほどの場合、65万円利用していました。そのため、60万円~80万円未満に当てはまりますので、キャッシュバック率は2%になります。

STEP3.翌月のカードご利用でキャッシュバック対象金額が決定

そして、翌月のカードご利用額の中で、キャッシュバック対象金額が決定します。キャッシュバックの対象になるのは「交通費」「出張旅費」のご利用金額の合計がキャッシュバック対象額です。

具体的には、以下のものがそれに当てはまります。

  • 電車代・新幹線代
  • 高速道路代・ガソリン代
  • タクシー・レンタカー
  • 航空券・宿泊・旅行代理店

これらが交通費・出張旅費に当てはまります。

ただし、交通費であったとしても電子マネーへのチャージは対象にならないケースがあります。「Suica」「PASMO」「JR東海エクスプレス予約(新幹線のネット予約)」です。

電車や新幹線代をキャッシュバックさせるためには、電子マネーやネット予約はしないように注意してください。

また、海外での利用もキャッシュバック適用外です。国内にいて海外での支払いがあった場合も対象外なので覚えておきましょう。

なお、月間で50万円がキャッシュバックの対象金額の上限です。それ以上は、対象外になるので気をつけるようにしてください。

STEP4.キャッシュバック適用

翌々月のカードご利用代金からキャッシュバックが適用されます。この場合、キャッシュバック率が2%でキャッシュバック対象金額が30万円でした。そのため、今回のキャッシュバック金額は、6,000円になります。

ただし、キャッシュバックの金額には上限があり、月々15,000円までとなっていますので、覚えておきましょう。

  • キャッシュバック金額は、「カードご利用代金明細書」でわかります。
  • キャッシュバックを対象の個人事業主は、法律等にご注文ください。

ポイント型とキャッシュバック型どちらがいいのか

JCB法人カードの年会費は、1,250円(税抜き)です。そのため、年間で1,250円キャッシュバックできれば、年会費はすぐに元が取れるのでおすすめです。

ゴールドカードであったとしても、年会費は10,000(税抜き)なので、交通費などをよく使う個人事業主の方は、キャッシュバック型がおすすめです。

従業員の数が多く、ガソリン代や高速道路料金を使うような場合はキャッシュバック型にしてはいかがでしょうか。

ただし、あまり交通費や出張旅費がかからない個人事業主の方は、ポイント型にするようにしましょう。

JCB法人カードの特典や魅力は?

JCB法人カードの特典や魅力をご紹介します。コストパフォーマンスが良いJCB法人カードですが、どのような特長があるのでしょうか。

ガソリンカードを発行できる

個人事業主JCB法人カードガソリン

JCB法人カードは、ガソリンカードを発行できます。「エッソ」「モービル」「ゼネラル」で利用できるガソリン専用のカードです。会員価格で給油できるため、仕事で車を使う方にはとても便利なカードです。

また、スピートパスも作れますので、これを端末にタッチするだけで会員価格よりも安く給油できます。

従業員にスピートパスを持たせておけば、それだけでガソリンを経費で支払えるのでお得です。

タクシーチケットを発行

JCB法人カードは、タクシーチケットを手配できます。個人事業主向けのビジネスカードでタクシーチケットを使えるのは珍しいです。

タクシーチケットを利用すれば、タクシーの移動を経費で支払うことができます。そのため、接待などで相手側にタクシーチケットを渡せば印象は良くなりますよね。

法人専用運賃になる

JCB法人カードは、交通系に優れているため、航空券を法人専用運賃で購入できます。

また、エクスプレスEXというサービスを利用すれば、インターネットやアプリから新幹線の予約ができます。

ネット上で予約すれば、チケットを購入しなくてもエクスプレスカードを使い改札を通れるので、新幹線の利用がとても便利です。また、Suicaとも連動させることができるため、Suicaを使って新幹線を利用できます。

たとえば、新幹線で東京に行きそのままSuicaで山手線に乗れるため、スムーズに移動ができます。

また、エクスプレスEXで予約すると早割があるので、これを利用すると通常の指定席の料金でグリーン席の利用が可能です。通常の料金ではとてもグリーン席は高いですが、指定席の値段でグリーン席に乗れるので管理人はいつもグリーン席で移動しています。

エクスプレスEXグリーン

グリーン席は広いので移動がとても快適です。あなたもエクスプレスEXで格安でグリーン席で移動しましょう。

JCB法人カードの審査基準は?

JCB法人カードの審査基準をご紹介します。個人事業主の方は、審査に通るか心配ですよね。JCB法人カードの審査基準についてお伝えするので、参考にしてください。

JCB法人カードは審査に通りやすいクレジットカード

JCB法人カードは、審査に通りやすいです。そのため、設立1年目の方でも発行できる法人カードです。個人事業主の方で独立したばかりの方は、まずはJCB法人カードを申し込んでみましょう。

個人事業主でも手軽に発行できる

個人事業主の方でJCB法人カードを発行する方は多く見られます。個人事業主でも審査に通りやすいからです。

ただし、審査基準が甘いからといっても必ず審査に通るわけではありません。こればかりは、申し込んでみなければわからないので注意が必要です。

実際に管理人の知り合いも開業したばかりの個人事業主の方が、JCB法人カードに申し込みましたが、1人は審査に通りましたが、もう1人はダメでした。とはいえ、審査が通る業績を上げるまで待てないですよね。

したがって、まずは申し込んでみるようにしてください。

一般カードとゴールドカードどちらがいいのか

ここまでJCB法人カードについてご紹介してきました。「JCB法人カードを作成しよう」と思っていても、一般カードとゴールドカードどちらにすればいいのか悩みどころですよね。

一般カードは年会費が安く、コストパフォーマンスに優れています。しかし、ゴールドカードのステータス性も魅力的なのも本音です。

そこでこの項では、一般カードとゴールドカードのどちらがいいのかを比べてみます。どちらがいいのか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

ゴールドカードのほうが特典が豊富

ゴールドカードのほうがさまざまな特典が付いています。ビジネスを行う上ではとても魅力的な特典ばかりなので、年会費1万円(税抜き)を払ってでもゴールドカードにする価値はあります。

一般カードとゴールドカードのどちらにしようか迷っているのであれば、ゴールドカードにしておけば間違いありません。そのくらいJCBのゴールドカードは魅力的なカードです。

限度額がゴールドカードのほうが高い

限度額は、ゴールドカードのほうが高いです。限度額は人によって異なりますが、一般カードで10~100万円になり、ゴールドカードですと30~250万円になります。

ビジネスで法人カードを使用する際、100万円だとすぐに上限に達してしまいます。そのため、上限は多いに越したことはありません。いつ100万円の上限以上使うときが来るかわからないので、備えとしてゴールドカードにしておくと安心です。

年会費が高くなる

一般カードに比べてゴールドカードは年会費が高くなります。デメリットがあるとすれば、それくらいです。

とはいえ、これだけのサービスが年会費1万円(税抜き)で手に入るのであれば、決して高い金額ではありません。

ゴールドカードの年会費は経費として計上できるため、税金対策にもなります。売上があるのであれば、ゴールドカードがおすすめです。

空港のラウンジや海外旅行損害保険の自動付帯

ゴールドカードは、空港のラウンジが無料で使え、海外旅行損害保険が自動付帯です。飛行機に乗られる方や海外旅行や海外出張がある方は、ゴールドカードを発行しましょう。

国内の空港であればラウンジはどこの空港にもあるため、快適に飛行機の時間を待つことができます。座りにくいシートで座りたくないですよね。

また、海外旅行保険の存在は大きいです。海外に行くと日本の常識は通用しないため、盗難やケガといったトラブルが発生する恐れがあります。そのような場合、ゴールドカードであれば、保険が適用されます。

しかし一般カードの場合、空港券や宿泊費の支払いをJCB法人カードで支払わないと保険が適用されません。つまり、現金で支払った場合は保険が使えません。

一方、ゴールドカードであれば、ゴールドカードを所有しているだけで海外保険を利用できます。また、保険が支払われる金額も大きいので、万が一のことを考えるとゴールドカードにしておくほうが安心です。

後悔してからでは遅いため、万が一のことを考えてゴールドカードを発行しておきましょう。

ゴールドカードはステータス性が高い

ゴールドカードは、ステータス性が高いです。個人事業主も立派な社長です。接待なのでカードを利用する機会があるのであれば、ゴールドカードは持っておいて損はありません。

社長なので、ステータス性の高いカードを持っておくほうがいいのではないでしょうか。一般カードの社長よりもゴールドカードを持っている社長のほうがカッコいいですよね。

また、一般カードよりもゴールドカードのほうが相手に与える印象はいいです。接待でカードを使う場合も、ゴールドカードであれば「ステータスが高い」「儲かっている社長」というイメージを相手に与えることができます。

その印象は、あなたのビジネスにとってとても重要になるはずです。

個人事業主の場合、ゴールドカードの年会費は「投資」です。経費として計上できることはもちろんのこと、自分のビジネスを加速させるためには、ゴールドカードが必須なのではないでしょうか。

JCB一般法人カード JCBゴールド法人カード
券面
年会費  1,250円(税別)
初年度無料
 10,000円(税別)
初年度無料
追加カード  1,250円(税別)
初年度無料
3,000円(税別)
初年度無料
還元率 0.5%
ETCカード年会費 無料
ETCカード枚数制限 複数枚発行可能
限度額 公式サイト参照 公式サイト参照
国際ブランド
海外旅行保険 最高3,000万円(利用付帯) 最高1億円(一部利用付帯)
※5,000万円は自動付帯
国内旅行保険 最高3,000万円(利用付帯) 最高5,000万円(自動付帯)
ショッピング保険 最高100万円(国内だけ) 最高500万円(国内&海外)
その他サービス 空港ラウンジサービス無料
ゴルフエントリーサービス

 JCB法人カードの申し込みはこちらをクリック