ビジネスカード

個人事業主向けのガソリン代はクレジット審査なしの高速情報協同組合

個人事業主ガソリン代高速情報協同組合のガソリンカード

個人事業主の方でガソリン代を現金で支払っている方は、ガソリンカードを発行しましょう。ガソリン代を現金で支払う場合、現金や領収書の管理などが手間です。

さらに従業員がいる場合、現金で建て替えたり領収書を貰ったりなど面倒ですよね。

特に、自分自身で経理や確定申告をしている方は、経費処理が非常に楽になります。ソリン代をカードで支払うと明細書が領収書の代わりになるからです。

そこで、「高速情報協同組合ガソリンカード」を発行しましょう。ガソリン代しか支払えませんが、クレジット審査がありません。開業したばかりの方やカードの発行を断られた方でも発行できる可能性があるためおすすめです。

それでは、高速情報協同組合ガソリンカードについてご紹介していきます。

ENEOS(エネオスカード) IDEMITSU(出光カード)
券面
年会費 無料
発行手数料 無料
追加カード 複数枚発行可能
ETCカード 可能
店舗数 11,000店舗 4,000店舗
支払い日 月末締め翌月末支払い

 

高速情報協同組合ガソリンカードの特徴

高速情報協同組合ガソリンカードの特徴をご紹介します。ガソリン代を支払える便利なカードですが、一般的なクレジットカードとは特徴が変わってきます。

違いをあらかじめ把握しておきましょう。

クレジット機能がない

ガソリンカードクレジット機能

ガソリンカードは、クレジット機能がありません。クレジット機能が付いているカードと比べるとわかりますが、ブランドの記載がありません。

ブランドの記載がある場合は、ガソリンはもちろんのこと、ほかの買い物などにも利用できます。つまり、普通のクレジットカードです。

一方、ガソリンカードの場合、クレジット機能が付いていないためガソリンのみの支払いになります。

ただ、利用してからの後払いになるため、給油代に関しては一般的なクレジットカードとさほど違いはありません。

ガソリン代の支払いを来月に持ち越せるため、キャッシュが回りやすくなります。現金で支払っている方は、非常に便利なガソリンカードを発行しましょう。

ガソリン代だけの支払いが可能

ガソリンカードは、ガソリン代だけ支払いができます。そのため、オイル交換や車検代、ワイパーの交換や洗車料金を支払うことができません。

オイル交換や車検代をクレジットで支払いたい方は、クレジット機能のあるカードを発行するようにしましょう。

ガソリン代であればどこで給油しても同じ金額

高速情報協同組合のガソリンカードは、ガソリン代が全国統一の価格になります。ガソリンの価格はガソリンスタンドによって変わってきます。しかし、対象のガソリンスタンドであれば、どこでも価格が一緒です。

わざわざ安いところでガソリンを入れる必要がないため、非常に便利です。

社用車のガソリンを頻繁に給油する方は、価格が統一されているガソリンカードを発行するとガソリン代を安定した価格で給油できます。

価格が無駄に高くなることを防げるため、非常に便利ですよね。

エネオスと出光のカードのどちらを選択

ガソリンカードは「ENEOS(エネオス)」「IDEMITSU(出光)」の2種類から選ぶことができます。あなたに合ったガソリンカードを発行しましょう。

エネオスの特徴

エネオスガソリンカード

エネオスは、全国11,000店舗あるため、全国を走り回る方や長距離の移動をする方におすすめです。

個人事業主の方でトラックやダンプの運転手をしている方、タクシーの運転手の方は、エネオスのガソリンカードを発行しましょう。

出光の特徴

ガソリンカード出光

出光は、傳保数は全国で4,000店舗になります。数がエネオスに比べると少ないです。したがって、近くに出光があり、そこでいつも給油をする方におすすめです。

高速情報協同組合ガソリンカードはクレジット審査なし

高速情報協同組合のガソリンカードには、クレジット審査がありません。独立したばかりの個人事業主の方やクレジットカードの審査に断られた方でも発行できる可能性があります。

クレジット審査なしの魅力

クレジット審査がないため、個人事業主の方でも発行しやすいです。確定申告書の写しと運転免許証などの身分証明書の写しがあれば、ガソリンカードは発行できます。

実績のない個人事業主の方の場合、クレジットカードの発行を断られる恐れがあります。

しかし、クレジット審査なしの高速情報協同組合のガソリンカードであれば、そのような方でも手軽に発行できるためおすすめです。ガソリンカードを手軽に発行したい個人事業主の方は、ぜひガソリンカードを発行してみてはいかがでしょうか。

開業して間もない方やクレジットの発行を断られた方でもOK

個人事業主の場合、サラリーマンに比べてクレジットカードを発行しにくいです。安定した収入がないケースが多いからです。そのため、クレジットカードの発行を断られた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その場合でも、ガソリンカードであればクレジット審査なしのため、発行がとても簡単です。

ぜひ、クレジットカードの発行を断られた方は、ガソリンカードを発行しましょう。

年会費や発行手数料が無料

高速情報協同組合のガソリンカードは年会費が無料です。また、発行手数料もかかりません。

さらに、複数枚発行できます。個人事業主の方で従業員がいる場合は、社員の人数分発行することが可能です。

維持費がかからずにガソリンカードを持てるため、とりあえず作っておくのも1つの方法です。

個人事業主の方がガソリンカードを作るメリット

個人事業主の方がガソリンカードを作るメリットをご紹介します。どのようなメリットがあるのでしょうか。

領収書の管理が不要

ガソリンカードで給油を行うと領収書の管理が不要です。明細書で一括管理できますので、現金のように領収書を貰ったり、従業員に現金を渡したりする手間がなくなります。

さらに領収書の場合、無くしてしまったり管理が手間だったりしますよね。

しかし、ガソリンカードであれば領収書の管理が不要になり、そのような手間がかかりません。ぜひ、利用してみてください。

経理処理が簡単になる

個人事業主の方で自分自身が経費処理や確定申告をしている方は、ガソリンカードを使うと経理処理が簡単です。明細書が領収書の代わりになるため、領収書が不要です。

領収書の場合、一枚ずつノートに貼って管理しますよね。明細書で一括管理できれば、その手間がなくなります。

ガソリンカードを発行して経理処理を簡略化しましょう。

クレジット機能がないため従業員に持たせても安心

ガソリンカードは、クレジット機能がありません。そのため、従業員に持たせても安心できます。

一般的なクレジットカードだと従業員にガソリン以外の買い物などで使用される恐れがあります。

しかし、クレジット機能のないガソリンカードだとそのような心配がありません。従業員がいる方は、安心して従業員に渡すことができます。そのため、多くの個人事業主の方に人気です。

ただ、「従業員に自家用車の給油をされる心配があるのでは」「不正利用されてしまうのでは」と思う方もいるのではないでしょうか。

しかし、ガソリンカードは利用明細に「利用日時」「車両番号」「利用ガソリンスタンド」が記載されます。仮に、従業員が自分の車に給油したとしても、不正利用はすぐに発覚できます。

これであれば、安心して社員にガソリンカードを渡せるのではないでしょうか。その点も配慮されているのが、ガソリンカードが人気の理由です。

ガソリン代が後払い

ガソリンカードは、末締めの翌月末の後払いになります。ガソリン代が後払いになりますので、非常に助かりますよね。

売り上げがあり、利益のある個人事業主の方であれば問題ありません。小規模の個人事業主の場合、ガソリン代を後払いで支払えると非常に楽ですよね。

後払いになるメリットがあるため、これからガソリン代を支払う際は、ガソリンカードを使って支払ってみてはいかがでしょうか。

高速情報協同組合のガソリンカードのデメリット

高速情報協同組合のガソリンカードはメリットもあれば、デメリットもあります。デメリットも理解した上でガソリンカードを発行しましょう。

ガソリン代しか支払えない

先ほどもお伝えしましたが、ガソリンカードはガソリン代しか支払うことができません。勘違いしてしまう方が多くいらっしゃいます。

オイル交換やワイパーなど、車を整備するために補充する液体などの費用は支払えません。

ガソリンカードと聞くとガソリンスタンドであれば、ガソリン以外のものでも支払えるようなイメージがありますが、そうではありません。

ガソリンカードはガソリン・軽油だけしか支払えませんので、覚えておきましょう。

高速道路の給油価格は統一価格ではない

高速情報協同組合のガソリンカードですが、全国のENEOS・出光の平均価格より毎月末に算出します。そのため、統一価格になります。

ただ、高速道路のガソリンスタンドの給油価格は統一価格の対象外です。

高速道路のガソリン価格は高いケースが多く見られるため、ガソリン代を節約するためには、高速道路で給油しないようにしましょう。

クレジット機能は付かない

ガソリンカードはクレジット機能がありません。また、付けることもできません。クレジット機能を付けたい方は、ガソリンカードでクレジット機能を付けているカードを発行するようにしてください。

「コスモコーポレートJCBカード」であれば、クレジット機能があります。

コスモコーポレートJCBカードは、ハウスカードと呼ばれる「クレジット機能のないガソリンカード」を追加で発行できますので、従業員にガソリンカードを渡せます。

もちろん、ハウスカードはクレジット機能がないため、従業員に渡しても安心です。

社長がクレジット機能のあるコスモコーポレートJCBカードを使い、従業員にガソリンカードを持たせたい方は、コスモコーポレートJCBカードがおすすめです。

コスモコーポレートJCBカードについては、「個人事業主のガソリン代はコスモコーポレートJCBカードがおすすめ」の記事に記載してあります。気になる方は合わせて読むようにしましょう。

ポイントが付かない

ガソリンカードは、ポイントプログラムがありません。一般的なクレジットカードの場合、利用金額に応じてポイントが貯まります。

貯まったポイントを商品券やマイルなどに移行できるメリットがあります。しかし、ガソリンカードは、ポイント機能がありません。

ポイントを貯めたい方は、同じガソリンカードを発行できる「コスモコーポレートJCBカード」を発行しましょう。

高速情報協同組合のガソリンカードの詳細

ENEOS(エネオスカード) IDEMITSU(出光カード)
券面
年会費 無料
発行手数料 無料
追加カード 複数枚発行可能
ETCカード 可能
店舗数 11,000店舗 4,000店舗
支払い日 月末締め翌月末支払い