ビジネスカード

個人事業主におすすめ!三井住友ビジネスカードfor Owners

三井住友ビジネスカード for Ownersは、個人事業主向けのビジネスカードです。個人事業主の方向けのクレジットカードなので、審査に通りやすく独立して間もない方でもクレジットカードを発行できます。

申し込みの際は、「開業届の控え」「決算書」が必要ありません。運転免許証だけで審査ができますので、簡単にクレジットカードが発行できます。

三井住友カードは国内でも知名度は高いので、ステータス性も高いですよね。個人事業主の方で屋号がある方は、券面に屋号を入れることができます。

クラシック(一般) ゴールド プラチナ
券面
申し込み資格 満20歳以上の個人事業主の方
年会費 1,250円+税
初年度無料
10,000円+税
初年度無料
50,000円+税
追加カード年会費
(1枚につき)
400円+税
初年度無料
2,000円+税
初年度無料
5,000円+税
ETC発行枚数 クレジットカード1枚に対してETCカードは1枚だけ発行可能
ETC年会費 500円+税(初年度無料、年1回以上利用で翌年度無料)
限度額 原則10~80万円 原則50~200万円 原則200~500万円
国際ブランド
海外旅行
傷害保険
適用条件 利用付帯 自動付帯 自動付帯
死亡・後遺障害 2,000万 5,000万 1億
傷害・疾病治療 50万 300万 500万
賠償責任費用 2,000万 5,000万 1億
携行品損害
(免責3,000円)
15万円
(1旅行/年間)
50万円
(1旅行/年間)
50万円
(1旅行/年間)
救援者費用 100万 500万 1,000万
国内旅行
傷害保険
適用条件 なし 利用付帯 自動付帯
死亡・後遺障害 5,000万 1億
入院費用 5,000円/日 5,000円/日
手術費用 最高20万 最高20万
通院費用 2,000円/日 3,000円/日
ショッピング保険 年間100万円まで
(海外のみ)
年間300万円まで
(国内・海外)
年間500万円まで
(国内・海外)
ポイントプログラム 「ワールドプレゼント」
支払い方法 1回払い・リボ払い・分割払い・2回払い・ボーナス一括払い
支払い日 15日締め翌月10日支払い、または月末締め翌月26日支払い
空港ラウンジ なし

申し込み

三井住友ビジネス個人事業主の王道クレジットカード

三井住友ビジネスカード for Ownersは、個人事業主に人気の王道のクレジットカードです。特にクレジットカードにこだわりがないのであれば、三井住友ビジネスカード for Ownersを作っておけば間違いありません。

コストパフォーマンスもよくポイントプログラムもあるので、個人事業主の方がビジネスをする上で申し分のないカードです。

おまけに、三井住友ブランドになるのでステータス性にも優れています。個人事業主名義でせっかくクレジットカードを持つのであれば、ステータス性のあるカードがいいですよね。

三井住友ビジネスカード for Ownersの年会費

三井住友ビジネスカード for Ownersは、クラッシック(一般カード)とゴールド・プラチナと3種類あります。

それぞれ年会費が異なるので、サービスの違いや支払える年会費の金額に応じてあなたに合ったグレードのカードを発行しましょう。

一般カードクラッシック:1,250円(税抜)

一般カードは、年会費1,250円(税抜)になり、初年度年会費無料です。追加カードは1枚につき400円(税抜)になります。コストパフォーマンスはとても良いです。

「ゴールドの年会費は支払えない」という方は、クラッシックを発行しましょう。

ゴールドカード:年会費10,000円(税抜)

三井住友ビジネスカード for Ownersのゴールドカードです。三井住友ビジネスカードのゴールドカードになるので、ステータス性に優れているカードです。

初年度年会費無料で 追加カードは1枚に付き2,000円(税別)になります。個人事業主は、社長です。社長になったのであれば、ステータス性のあるゴールドカードが欲しいのではないでしょうか。

金色のカードは、接待や会食の支払いでステータス感がありますよね。

プラチナカード:年会費50,000円(税抜)

三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナカードが最もステータスが高いクレジットカードです。

年会費50,000円(税抜)と高めですが、プラチナカードはステータス性があり、個人事業主のあこがれですよね。追加カードは、1枚に付き5,000円(税抜)です。

年会費は経費として計上できますので、利益がある個人事業主方はプラチナカードを発行してはいかがでしょうか。

三井住友ビジネスカード for Ownersの審査は甘い

三井住友ビジネスカード for Ownersは、冒頭でもお伝えしたように個人事業主向けのカードなので、審査は通りやすいです。

個人事業主は、サラリーマンに比べると審査に通りにくいため、こういった個人事業主向けのクレジットカードは非常に助かりますよね。

決算書、開業届の控え不要

三井住友ビジネスカード for Ownersは、決算書や開業届の控えが不要です。個人事業主の場合、業績があまりなかったり独立して間もなかったりすると決算書や登記簿謄本が用意できない方は多く見られます。

その場合でも、三井住友ビジネスカード for Ownersであれば、運転免許証だけでクレジットカードが発行できるので個人事業主の方でも気軽にクレジットカードを持てます。

三井住友ビジネスカードのポイントプログラム

三井住友ビジネスカード for Ownersは、ワールドプレゼント(ポイントプログラム)のあるクレジットカードです。利用金額に応じてポイントが貯まります。アイテムやギフト券などに交換できます。

1,000円(税抜)で1ポイント貯まります。そして、200ポイントから交換可能です。

ポイントUPモール

ポイントUPモールを利用するとポイントが2~20倍になります。これは、三井住友カードが提携しているオンラインショップのようなものです。

「楽天市場」「ヤフーショッピング」「Amazon」などが提携しているので、ポイントUPモールを経由して楽天やヤフーで商品を購入すると三井住友カードのポイントがアップする仕組みです。

そのほかにも、ホテルの利用などでもポイントが貯まるため、三井住友ビジネスカード for Ownersで買い物をする際はこのポイントUPモールを使うとお得です。

ボーナスポイント

三井住友ビジネスカード for Ownersは、累計ポイントが1,000ポイント以上になるとボーナスポイントが加算されます。

つまり、利用する頻度が多いほどポイントがドンドン貯まる仕組みになります。ポイントの還元率はクレジットのランクによって異なるので、以下をご覧ください。

  • 一般カード:100ポイント
  • ゴールドカード:100ポイント
  • プラチナカード:300ポイント

これくらいのポイントが貯まります。ポイントを使う際は、1ポイント5円くらいの価値になるので、覚えておきましょう。

マイ・ペイすリボの利用でポイント2倍

三井住友ビジネスカード for Ownersは、リボ払いの請求がある月はポイントが2倍になります。

つまり、1,000円でもリボ払いにすれば、その月はほかの一括払いの利用金額全てポイントが2倍になります。

一般的な個人事業主向けのクレジットカードでは、一括払いしか対応していないところが多いので、リボ払いができてポイントが貯まる三井住友ビジネスカード for Ownersはとてもお得ですよね。

リボ払いの金額の設定などは、WEBサイト上で調べることができます。そのため、利用金額に応じてリボ払いの値段を変更してポイントを上手に貯めるのも1つの方法です。

もちろん、「ポイントのためにそこまでできない」という方もいらっしゃいますよね。そういった方は特にポイントにこだわらずに利用しましょう。

ポイントの有効期限

三井住友ビジネスカード for Ownersの便利なポイントプログラムですが、有効期限があります。

  • 一般カード:2年
  • ゴールドカード:3年
  • プラチナカード:4年

カードのランクによってポイントの有効期限は変わってくるので、「有効期限でポイントが無くなった」ということのないようにしましょう。

ポイントの移行先について

三井住友ビジネスカード for Ownersのポイントは、商品やサービス以外にも提携している楽天スーパーポイントやビックポイントなどに交換することも可能です。

そのほかにも、VJAギフトカードやTポイントなどにも交換できますので、あなたの用途に合わせてポイントを移行しましょう。

たとえば、楽天をよく利用するのであれば、楽天スーパーポイントにしましょう。また、「ポイントをVJAギフトカードに変えて買い物がしたい」という方は、ギフト券にポイント移行すれば、いろいろなところで利用できますよね。

ポイントの交換に関しては、三井住友ビジネスカード for Ownersのホームページを確認するとわかりやすいので、ポイントの交換先が気になる方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

なお、以下はポイントを簡単にまとめたものです。参考にしてみてください。

ポイント交換先 最小単位 移行先の金額 還元率
楽天スーパーポイント 200 1,000 0.50%
iDバリュー(利用代金に充当) 200 1,000 0.50%
WAON(三井住友) 200 1,000 0.50%
ビックポイント 200 1,000 0.50%
ヨドバシカメラゴールドポイント 200 1,000 0.50%
VJAギフトカード 4,100 20,000 0.49%
3,100 15,000 0.48%
2,100 10,000 0.48%
1,100 5,000 0.45%
Tポイント 200 900 0.45%
スターバックスカード 200 800 0.40%
タリーズカード 200 800 0.40%
Amazonギフト券 900 3,000 0.33%
キャッシュバック(カード利用代金) 200 600 0.30%
ANA SKYコイン 200 600 0.30%
図書カード 500 1,500 0.30%

ポイントをキャッシュバックできる

ポイントですが、ポイントを現金にキャッシュバックすることも可能です。ご利用金額からキャッシュバックされた金額をマイナスされる仕組みです。

しかしながら、キャッシュバックはあまり還元率が良くありません。200ポイントに対して600円のキャッシュバックになりますので、これであればギフトカードに交換したほうが還元率は高いです。

ギフトカードは、1,100ポイントからしか還元できませんが、200ポイントあたり1,000円ほどの還元率になります。

ギフトカードは利用する場所は限られていますが、現金と同じように利用できます。そう考えるとギフトカードに交換したほうがお得ですよね。

マイル移行はどのくらいになるのか

貯めたポイントをANAマイルに移行することができます。個人事業主向けのクレジットカードでマイルに移行できるカードはあまりありませんので、三井住友ビジネスカード for Ownersのメリットの1つです。

ただし、移行率は移行手数料によって変わってきます。マイル移行は以下の通りです。

  • 手数料無料の場合:1ポイントを5マイルに移行可能
  • 手数料6,000(税抜)の場合:1ポイントを10マイルに移行可能

手数料はかかりますが、1ポイント10マイルにしたほうがお得です。5マイルをポイントで稼ごうと思うと5,000円使わなければいけません。

マイルを貯めている方でまとまったポイントをマイルに移行するのであれば、手数料を支払うようにしましょう。

個人事業主の経費で貯めたポイントを個人で利用する

経費で貯めたポイントを個人利用しましょう。個人事業主の方は、三井住友ビジネスカードで経費の支払いをするのではないでしょうか。

交通費や仕入れなどの購入をカードで行い、それで貯まったポイントを経費では計上できない洋服や家族の旅行代などに使いましょう。税務署もポイントまで確認することはありません。

実際に、個人事業主方は経費で支払ったポイントをプライベートで利用していますので、積極的にポイントを活用しましょう。

三井住友ビジネスカードは支払いが楽

三井住友ビジネスカード for Ownersは、支払いがとても楽です。電子マネーが充実していたり、ビジネスカードでは珍しく分割払いやリボ払いにも対応していたりするからです。

できれば、使いやすいクレジットカードのほうがいいですよね。それでは、どのようなメリットや魅力があるのかをご紹介します。

電子マネーがとても充実してる

三井住友ビジネスカード for Ownersは電子マネーの機能があり、キャッシュレスで買い物が利用できます。

三井住友ビジネスカード for Ownersで利用できる電子マネーは以下の通りです。

  • ID
  • PiTaPa
  • WAON

これらが利用可能です。ただ、電子マネーiDがクレジットカードに内蔵しているわけではありません。iD専用カードを発行したり、スマホから支払えるようにしたりする必要があります。

また、Apple PayやSUICAにもチャージすることができるので、キャッシュレスでお会計ができます。

電車などの交通機関に乗る方は、クレジットカードで支払えるのでとても楽ですよね。

複数分割払い、リボ払いに対応している

先ほどもお伝えしたように、個人事業主向けクレジットカードでは珍しく、複数分割払いやリボ払いに対応していますので、支払いが楽です。

「今月売り上げが少なく支払いが大変」という場合でも、支払わなければいけない経費などはあるものですよね。

その場合は、分割払いやリボ払いを使うのがおすすめです。三井住友ビジネスカード for Ownersは、個人事業主の方のことを考えて作られているのでおすすめです。

国内外でのキャッシングが可能

一般的なビジネスカードは、キャッシング機能が付いていません。そのため、急に現金が必要になった場合に不便です。

しかし、三井住友ビジネスカード for Ownersであれば、キャッシング機能が付いているので緊急時に利用できるのでとても便利です。

また、国内だけではなく海外でもキャッシングできますので、海外に出張に行く際はキャッシングを利用しましょう。

現地のATMでキャッシングを行えば、両替所で日本円を現地通貨にするよりもレートが良いです。また、日本円で返済できるため、無駄な手数料がかかりません。海外に行く際は、キャッシングを利用するようにしましょう。

追加カード、ETCカードなどが充実

三井住友ビジネスカード for Ownersは、追加カードやETCカードなどが充実しています。ビジネスをする上で、追加カードやETCカードがあるととても便利ですよね。

追加カードの年会費

追加カードの年会費は、一般カードが400円(税抜)。ゴールドカードで2,000円(税抜)になります。一般カードとゴールドカードの場合、追加カードも初年度年会費無料になるので追加カードを発行する予定の方はとても助かりますよね。

ただ、プラチナカードの場合は、年会費が5,000円(税抜)かかり、初年度から年会費が発生いたしますのであらかじめ把握しておきましょう。

ETCカード

ETCカードはクレジットカード1枚に対して1枚しか発行できません。そのため、2枚ETCカードが欲しい場合は追加カードを発行する必要があります。

また、年会費は500円(税抜)です。初年度無料ですが、年に1回以上の利用で翌年度年会費無料になります。

つまり、1年に最低でも1回利用すれば年会費がかからないので、適度に利用する方は年会費の心配はいりません。

JR東海・JR西日本のエクスプレス予約に対応

エクスプレスEX(予約)に対応しています。これは、「東海道新幹線」「山陽新幹線」で利用できるネット予約になります。

新幹線の予約をスマホやPCから予約することで、切符レスで新幹線の乗車が可能です。専用のICカードを使うことで、新幹線の改札をSuicaのように通ることができるのです。

そのため、切符を買うために並んだり待ったりせずに改札口を通ることができます。これにより、スムーズに新幹線の乗り降りができます。

また、Suicaと連動することもできますので、Suicaで新幹線の乗り降りが可能です。スマホにSuicaを登録している方は、連動させることでスマホを使い新幹線の乗り降りができます。

新幹線を降りてそのまま電車に乗ることもできますので、出張で東京に行く際はスマホ1つで新幹線から電車へ乗り換えがとても便利です。

そして、エクスプレス予約の魅力は切符を買うよりも値段が安いということです。

通常料金 エクスプレス予約 グリーン席通常 エクスプレスグリーン席
東京~名古屋 11,090円 10,110円 14,680円 13,700円
東京~新大阪 14,450円 13,370円 19,230円 18,140円

エクスプレス予約を利用すると値段が安くなるため、これを利用しない手はありませんよね。また、3日前以上に新幹線の予約をすると早割がある新幹線があります。

その場合、グリーン席が通常料金より少し高くなるだけで乗れるので、グリーン席に格安で乗ることができます。

たとえば、東京~新大阪はエクスプレス予約でグリーン席の料金が18,140円です。しかし、早割を利用すると14,400円でグリーン席に乗ることが可能です。通常料金に1,000円ほど多く支払うとグリーン席に乗れるので、快適に新幹線に乗れますよね。

管理人も新幹線で出張する際はグリーン席を格安で載っています。広い席でコンセントが付いていますのでとても快適です。

エクスプレスEXグリーン

また、支払いがカード決済になるため、カードの明細書を確認するだけで経理処理ができます。個人事業主の方で自分自身が経理を行っている方は、とても便利なので使わない手はありませんよね。

デュアル発行が可能

三井住友ビジネスカード for Ownersは、2枚カードを所有することができます。ブランドがVISAとMastercardの2種類ありますので、それぞれを1枚ずつ発行するかもいらっしゃいます。

たとえば、事業を2つ行っていて支払いをそれぞれ分けたい方は、2枚カードがあると経費や支払いを分けることができるので便利です。

そのとき、ブランドを分けておくと使い勝手がいいですよね。2枚目からは年会費などが割引になるので、把握しておきましょう。

デュアル発行した場合の年会費

カード名 本会員
クラシック(一般カード) 1,500円(税別)
【内訳】
1枚目:1,250円
2枚目:250円
ゴールドカード 12,000円(税別)
【内訳】
1枚目:10,000円
2枚目:2,000円 
プラチナカード 55,000円(税別)
【内訳】
1枚目:50,000円
2枚目:5,000円

充実したショッピング保険と海外旅行保険

三井住友ビジネスカード for Ownersは、保険が充実しています。一般カードは、そこまでですが、ゴールドカードとプラチナカードは、個人事業主の方向けのカードの中では充実しています。

ショッピング保険

三井住友ビジネスカード for Ownersには、「お買い物安心保険」というショッピング保険が付帯しています。

クレジットカードで商品を購入したり、盗難にあったりした場合に使える保険になります。

商品の購入から90日以内に損害が発生したら保険金が支払われる仕組みです。ただ、完全に無料ではなく免責金額は3,000円になり、1回の保険利用するたびに支払う必要があります。

また、保険に適用はクレジットカードのランクによって変わります。

  • 一般カード:年間100万円(海外のみ)
  • ゴールド:年間300万円(国内・海外)
  • プラチナ:年間500万円(国内・海外)

一般カードの場合は、海外しか使えませんのであまり使いどころはないかもしれません。ただ、ゴールドやプラチナは国内でも利用できる上に、金額も大きいので充実したショッピング保険と言えるでしょう。

クレジットカードで仕入れを行う方などは、ゴールドカード以上にしておくと安心です。

海外・国内旅行傷害保険

三井住友ビジネスカード for Ownersは、海外だけではなく国内の旅行損害保険が付帯しています。一般的なクレジットカードの旅行保険は海外だけになるので、国内旅行をする方はお得ですよね。

ただ、クレジットカードのランクによって保険の内容が異なるので、海外旅行保険が欲しい方は付帯させたいランクのクレジットカードを選ぶようにしましょう。

クラシック(一般) ゴールド プラチナ
海外旅行
傷害保険
付帯条件 利用付帯 自動付帯 自動付帯
死亡・後遺障害 2,000万 5,000万 1億
傷害・疾病治療 50万 300万 500万
賠償責任費用 2,000万 5,000万 1億
携行品損害
(免責3,000円)
15万円
(1旅行/年間)
50万円
(1旅行/年間)
50万円
(1旅行/年間)
救援者費用 100万 500万 1,000万
国内旅行
傷害保険
付帯条件 なし 利用付帯 自動付帯
死亡・後遺障害 5,000万 1億
入院費用 5,000円/日 5,000円/日
手術費用 最高20万 最高20万
通院費用 2,000円/日 3,000円/日

三井住友カード for Ownersは個人事業主におすすめ

三井住友ビジネスカード for Ownersについてご紹介してきました。三井住友ブランドになるので、ステータス性が高く使い勝手の良い個人事業主向けのクレジットカードです。

また、年会費も高くありませんので、コストパフォーマンスに優れているカードと言えるでしょう。審査にも通りやすいので、個人事業主として独立して間もない方でも簡単に発行できます。

運転免許証だけで審査に通れるので、「個人事業主でクレジットカードがない」「もう1枚ビジネスカードが欲しい」方は、ぜひ三井住友ビジネスカード for Ownersをおすすめします。

クラシック(一般) ゴールド プラチナ
券面
申し込み資格 満20歳以上の個人事業主の方
年会費 1,250円+税
初年度無料
10,000円+税
初年度無料
50,000円+税
追加カード年会費
(1枚につき)
400円+税
初年度無料
2,000円+税
初年度無料
5,000円+税
ETC発行枚数 クレジットカード1枚に対してETCカードは1枚だけ発行可能
ETC年会費 500円+税(初年度無料、年1回以上利用で翌年度無料)
限度額 原則10~80万円 原則50~200万円 原則200~500万円
国際ブランド
海外旅行
傷害保険
適用条件 利用付帯 自動付帯 自動付帯
死亡・後遺障害 2,000万 5,000万 1億
傷害・疾病治療 50万 300万 500万
賠償責任費用 2,000万 5,000万 1億
携行品損害
(免責3,000円)
15万円
(1旅行/年間)
50万円
(1旅行/年間)
50万円
(1旅行/年間)
救援者費用 100万 500万 1,000万
国内旅行
傷害保険
適用条件 なし 利用付帯 自動付帯
死亡・後遺障害 5,000万 1億
入院費用 5,000円/日 5,000円/日
手術費用 最高20万 最高20万
通院費用 2,000円/日 3,000円/日
ショッピング保険 年間100万円まで
(海外のみ)
年間300万円まで
(国内・海外)
年間500万円まで
(国内・海外)
ポイントプログラム ワールドプレゼント
支払い方法 1回払い・リボ払い・分割払い・2回払い・ボーナス一括払い
支払い日 15日締め翌月10日支払い、または月末締め翌月26日支払い
空港ラウンジ なし

申し込み