ビジネスカード

個人事業主のガソリン代はコスモコーポレートJCBカードがおすすめ

コスモコーポレートJCBカード

個人事業主の方でガソリン代をクレジットカードで支払いたい方は、ガソリン専用のカードを発行しましょう。ここでは、コスモ石油でお得なコスモコーポレートJCBカードについてご紹介します。

従業員がいる方で、ガソリン専用のカードを持たせたい方はコスモコーポレートJCBカードがおすすめです。

コスモ石油のガソリン代だけ支払えるカードなので、従業員に持たせても安心です。さらに、ガソリン代を明細書で確認できるため、経費処理も簡単にできます。

それでは、コスモコーポレートJCBカードについてご紹介していきます。

コスモ コーポレートJCBカードゴールド法人カード コスモ コーポレートJCBカード一般法人カード コスモ コーポレート
ハウスカード
年会費
  • カード使用者1名様の場合10,000円(税抜き)
  • 使用者追加1名様ごと3,000円(税抜き)
    ※法人又は個人事業主様が対象となります。
  • カード使用者1名様の場合1,250円(税抜き)
  • 使用者追加1名様ごと1,250円(税抜き)
無料
※ご利用は、ショッピング1回払いのみとなります。
ご利用
可能店舗
  • 全国のコスモ石油サービスステーション(一部店舗を除く)
  • JCB加盟店でもご利用可能です。
  • 全国のコスモ石油サービスステーション(一部店舗を除く)
  • JCB加盟店でもご利用可能です。
  • 全国のコスモ石油サービスステーション(一部店舗を除く)
ご購入
可能商品
ガソリン・軽油はもちろん、洗車・オイル・タイヤから車検まで、
コスモ石油で取り扱うほとんどの商品をキャッシュレスでご購入いただけます。
燃料油価格 SS店頭価格(各SSにてご確認願います。)
お支払い
方法
  • ご指定口座から自動振替でお支払いいただきます。請求書・領収書の事務処理が大幅に軽減されるうえ、手数料は一切不要です。
  • 「カードご利用代金明細書」により、カード使用者ごとの月間利用状況がひと目で把握できます。
    ※コスモ コーポレートハウスカードでのご利用代金については、給油明細(商品名・数量・金額など)を専用明細として発行いたします。
  • コスモサービスステーションでのご利用分は、毎月末日締め切り、翌々月10日のお支払いとなります。JCB加盟店でのご利用分は毎月15日締め切り、翌月10日のお支払いとなります。
    ※10日が金融機関休業日の場合は翌営業日となります。
その他
  • 旅行傷害保険付き
    <海外>最高1億円
    <国内>最高5,000万円
  • 国内の主要空港内及びハワイ・ホノルル国際空港内のラウンジサービスがご利用できます。
  • ショッピングカード保険付き最高300万円(国内/海外)
  • ETCスルーカードNをご希望に応じて発行できます。
ETCスルーカードNをご希望に応じて発行できます。 ETCスルーカードNをご希望に応じて発行できます。

コスモコーポレートJCBカードの申し込みはこちら

コスモコーポレートJCBカードとハウスカードの違い

コスモコーポレートJCBカードとハウスカードの違いをご紹介します。コーポレートJCBカードは、クレジット機能が付いており、ハウスカードはクレジット機能が付いておりません。

コスモコーポレートJCBカードハウスカード違いコスモコーポレートJCBカードには、「JCB」のマークがあります。一方、ハウスカードには「JCB」のマークがありません。

コスモコーポレートJCBカードは、普通のクレジットカードになります。当然、コスモ石油以外でも買い物や利用も可能です。

一方ハウスカードはコスモSSでしか利用できないため、従業員に持たせても安心です。コスモコーポレートJCBカードは、社長が持ち、ハウスカードは社員さんに持たせるようにしましょう。

ガソリン代や高速代の経費処理を効率化できる

従業員がいる場合、ガソリン代や高速道路料金の管理が大変ではないでしょうか。現金を渡してわざわざ領収書を貰わなければいけません。手間ですよね。領収書の管理も面倒です。

領収書を無くしてしまったり、従業員が領収書を貰ってこなかったりすると経費として計上できません。そこで業務を効率化するために、コスモコーポレートJCBカードを発行しましょう。

コスモ石油でしか使えないハウスカードが魅力

コスモ石油ハウスカード

コスモコーポレートJCBカードでは、「ハウスカード」が発行できます。これは、コスモ石油でしか使えないクレジットカードになります。

たとえば、ガソリン代やオイル交換、ウォッシャー液、ワイパーなど、社用車に乗っていると定期的に購入しなければいけないものがあるのではないでしょうか。

その場合、ハウスカードがあればキャッシュレスで支払うことが可能です。

特に、ガソリン代を頻繁に給油する場合、ハウスカードがあると非常に便利です。車で移動する仕事の場合、頻繁にガソリンを入れることが予想されます。先ほどもお伝えしましたが、ガソリン代の現金のやり取りや領収書の管理がとても面倒です。

複数の従業員がいる場合、非常に手間ですよね。その場合でも、ハウスカードがあれば、明細書で確認できます。

領収書が無くても明細書が領収書の代わりになるため、一括でガソリン代の経費が管理できます。

ガソリン代を不正利用されないようにするためには、従業員に走行距離を給油の際にメモさせるようにしましょう。給油の回数と値段、走行距離が分かれば、不正利用を防げます。

ハウスカードは何枚でも発行可能

ハウスカードは何枚でも発行できます。そのため、従業員が複数いる個人事業主の方におすすめです。一人一人に持たせても不正利用されることはないため、安心できます。

ETCカードは複数枚発行可能

ETCカードも複数枚発行できます。年会費無料になるため、高速道路を使用する方は従業員の分もETCカードを発行しましょう。

ただし、ETCカードは複数枚発行可能ですが、あまりにも数が多い場合発行できない恐れがあります。

ETCカードは頻繁に利用しないのであれば、数枚発行して高速道路を利用する際従業員に貸し出すようにするのがおすすめです。

利用額に応じてJCB OkiDokiポイントが貯まる

コスモコーポレートJCBカードは、JCBカードになります。利用額に応じてポイントが貯まり、1,000円で1 OkiDokiポイント貯まります。OkiDokiポイントとは、JCBを利用すると貯まるポイントのことです。

ポイントが貯まると商品と交換できたり、ほかのマイルなどのポイントに移行できたりします。

200ポイント貯まると交換できるようになります。クレジットカードでガソリン代などの経費を支払うとお得です。ぜひ、ポイントを貯めて商品や好きなポイントに移行しましょう。

OkiDokiポイントで交換できるポイントやマイル

コスモコーポレートJCBカードokidokiポイント交換 コスモコーポレートJCBカードokidokiポイントマイル交換

OkiDokiポイントについては、公式ホームページを確認してみましょう。交換できる商品などをあらかじめ確認してみてください。

OkiDokiランドのご利用ガイドはこちら

OkiDokiポイントは発行されたカード利用分すべて対象

OkiDokiポイントは、コスモコーポレートJCBカードやハウスカードで利用したすべての金額に対してポイントが貯まります。

社長さんは、コスモコーポレートJCBカードを使い、通信費や接待交際費といった経費を支払うようにしましょう。そして従業員は、ハウスカードでガソリン代やオイル交換を支払うようにしましょう。

そうすれば、OkiDokiポイントはすぐに貯まります。コスモコーポレートJCBカードやハウスカードでの使用はすべてOkiDokiポイントが貯まります。

積極的にコスモコーポレートJCBカードとハウスカード活用しましょう。そして、ポイントを効率よく貯めましょう。

コスモ石油の利用分だけ支払いを先延ばしにできる

コスモコーポレートJCBカードの良い点は、支払いが遅いところです。一般的なクレジットカードの場合、毎月末日締めで翌月末払いのところが多く見られます。

しかし、コスモコーポレートJCBカードの場合、コスモ石油での支払いに関しては、毎月末締めの翌々月10日払いになります。

たとえば、1月1日にガソリンの支払いにカードを利用した場合、その支払いは3月10日です。ガソリン代の支払いを遅くできるため、個人事業主の方には非常に助かりますよね。

支払いは遅いほうがキャッシュは回るので経営が安定します。

ただし、コスモコーポレートJCBカードを利用してもガソリン代は安くなりません。その分、ポイントで還元されるからです。

ガソリンなどの経費でポイントを貯めて、それを個人のポイントに移行するのがおすすめです。税務署もポイントの利用については、関与してきません。ポイント制度を有効活用しましょう。

年会費や審査について

コスモコーポレートJCBカードの年会費や審査についてご紹介します。

年会費は1,250円(税抜)

年会費は、一般カードで1,250円(税抜)になります。ガソリン代やオイル交換代の経費処理を簡略化できて、ハウスカードを複数枚発行できることを考えるとコストパフォーマンスがいいクレジットカードになります。

従業員がガソリン代を頻繁に支払うのであれば、コスモコーポレートJCBカードを発行しましょう。また、ゴールドカードは、年会費10,000円(税抜)になります。

一般カードでは、海外・国内旅行保険やショッピング保険が付帯していません。また、空港のラウンジも利用できないため、これらのサービスが欲しい方は、ゴールドカードを発行しましょう。

年会費は経費として計上できます。利益のある社長さんは、せっかくなのでステータス性の高いゴールドカードを発行してみてはいかがでしょうか。節税対策にもなりますよ。

コスモ コーポレートJCBカードゴールド法人カード コスモ コーポレートJCBカード一般法人カード コスモ コーポレート
ハウスカード
年会費
  • カード使用者1名様の場合10,000円(税抜き)
  • 使用者追加1名様ごと3,000円(税抜き)
    ※法人又は個人事業主様が対象となります。
  • カード使用者1名様の場合1,250円(税抜き)
  • 使用者追加1名様ごと1,250円(税抜き)
無料
※ご利用は、ショッピング1回払いのみとなります。
ご利用
可能店舗
  • 全国のコスモ石油サービスステーション(一部店舗を除く)
  • JCB加盟店でもご利用可能です。
  • 全国のコスモ石油サービスステーション(一部店舗を除く)
  • JCB加盟店でもご利用可能です。
  • 全国のコスモ石油サービスステーション(一部店舗を除く)
ご購入
可能商品
ガソリン・軽油はもちろん、洗車・オイル・タイヤから車検まで、
コスモ石油で取り扱うほとんどの商品をキャッシュレスでご購入いただけます。
燃料油価格 SS店頭価格(各SSにてご確認願います。)
お支払い
方法
  • ご指定口座から自動振替でお支払いいただきます。請求書・領収書の事務処理が大幅に軽減されるうえ、手数料は一切不要です。
  • 「カードご利用代金明細書」により、カード使用者ごとの月間利用状況がひと目で把握できます。
    ※コスモ コーポレートハウスカードでのご利用代金については、給油明細(商品名・数量・金額など)を専用明細として発行いたします。
  • コスモサービスステーションでのご利用分は、毎月末日締め切り、翌々月10日のお支払いとなります。JCB加盟店でのご利用分は毎月15日締め切り、翌月10日のお支払いとなります。
    ※10日が金融機関休業日の場合は翌営業日となります。
その他
  • 旅行傷害保険付き
    <海外>最高1億円
    <国内>最高5,000万円
  • 国内の主要空港内及びハワイ・ホノルル国際空港内のラウンジサービスがご利用できます。
  • ショッピングカード保険付き最高300万円(国内/海外)
  • ETCスルーカードNをご希望に応じて発行できます。
ETCスルーカードNをご希望に応じて発行できます。 ETCスルーカードNをご希望に応じて発行できます。

コスモコーポレートJCBカードの申し込みはこちら