ビジネスカード

ANAJCB法人カード:マイルが貯まる個人事業主クレジットカード

個人事業主クレジットカードでANA

個人事業主向けのANA法人カードの中で、唯一ポイントでマイルが貯まるのがANAJCB法人カードです。

ANAJCB法人カードは、「一般カード」「ワイドカード」「ワイドゴールドカード」の3種類がありますが、マイルを貯めたいのであれば、ワイドゴールドカードがおすすめです。

また、ANA法人カードは、他にもVISAとダイナースがあるのですが、JCB以外はポイントが貯まらなかったり貯まりにくかったりするので、必ずANAJCB法人カードを選ぶようにしてください。

 一般カード ワイドカード ワイドゴールドカード
対象  個人事業主・法人
券面
年会費  2,250円(税抜)  11,750円(税抜)  19,000円(税抜)
追加カード 750円(税抜)  4,000円(税抜)
還元率  1.0%~
ボーナスマイル 区間マイレージ×10% 区間マイレージ×25%
入会・継続マイル 1,000マイル 2,000マイル
マイル移行手数料 年間5,000円 無料
ETCカード年会費 無料
ETCカード枚数制限 複数枚発行可能
限度額 30~100万円 50~250万
国際ブランド
ビジネスきっぷ 全カード、ビジネスきっぷを利用可能
海外旅行傷害保険 最高1,000万円
(自動付帯)
最高5,000万円
(自動付帯)
最高1億円
(一部利用付帯)
※自動付帯5,000万円
国内航空保険
(航空機搭乗中のみ)
最高1,000万円 
(自動付帯)
最高5,000万円 
(自動付帯)
最高5,000万円
(自動付帯)
国内旅行保険 なし 最高5,000万円
(利用付帯)
ショッピング保険 最高500万円
(国内・国外)

申し込み

ANAJCB法人カードでマイルを貯める仕組みや方法

ANAJCB法人カードでマイルを貯めるためには、まずはマイルが貯まる仕組みや方法を理解しておきましょう。

マイルについて詳しくない方やわからない方は、ぜひ参考にしてください。

ANAマイレージクラブとは

ANAマイレージクラブとは、ANAマイルを貯めるための会員のことです。マイルを貯めるためには、まずは会員にならなければいけません。

ANAマイレージクラブに登録すると会員番号が割り当てられ、ANAマイレージクラブカードが発行されます。マイルを貯める際は、この番号が必要になるので覚えておきましょう。

ANA マイレージクラブこのカードがあれば、ANAのクレジットカードなしでもマイルを貯めることができます。

一方、ANAJCB法人カードは、ANAマイレージクラブのカードとクレジットカードが一体になったものだと考えて貰うとわかりやすいです。

ANAJCB法人カード

つまり、ANAマイレージクラブに加入していれば無理にANA JCB法人カードを作る必要はありません。ほかのクレジットカードでもポイント移行でマイルを貯めることができるからです。

したがって、ANAマイルを貯めるクレジットカードを選ぶ際はほかのマイルが貯まりやすいカードを参考にしてから判断するようにしてください。

ANA法人カード以外で、個人事業主向けのクレジットカードでマイルが貯まりやすいカードは、「個人事業主おすすめ!マイルが貯まるクレジットカードランキング」に記載してあります。

こちらも合わせて読むことであなたにとって一番マイルが貯まりやすいカードが見つかるはずです。

ANAマイルを貯めるための3つの方法

ANAマイルを貯めるためには、一般的に以下の3つの方法になります。細かく言えばほかにも貯める方法はありますが、この3つが基本的な貯め方だと覚えておきましょう。

  • フライトマイル:飛行機に乗って貯まる
  • 提携店のマイル:提携しているショッピングサイトを使うと貯まる
  • ポイントを移行:クレジットカードのポイントを移行して貯める

順番にご紹介していきます。

フライトマイル:飛行機に乗って貯まる

フライトマイルは、飛行機に乗ると距離に応じて貯まるマイルのことです。ANA JCB法人カードを持っていると、一般的なマイレージクラブの方よりはフライトマイルが10~20%ほど貯まりやすくなります。

したがって、頻繁にANAに乗る方はANA JCB法人カードを作成するとマイルを効率よく貯めることができます。

提携店のマイル:提携しているショッピングサイトを使うと貯まる

ANAマイレージクラブと提携しているお店で、商品やサービスを購入するとマイルを貯めることができます。

ネットを利用するならマイレージモール

ANAモール

また、インターネットを利用する方は、「マイレージモール」を経由して商品やサービスを購入すると購入金額に応じてマイルが貯まります。

楽天やヤフーショッピングなどと提携しているため、ネット通販などを利用する際はマイレージモールを利用すると効率よくマイルが貯まります。

ポイントを移行:クレジットカードのポイントを移行して貯める

クレジットカードを利用した際に、貯まるポイントをマイルに移行することができます。

ANAJCB法人カードの場合は、Oki Dokiポイント(JCBのポイントプログラムのこと)をマイルに移行できます。

この3つがマイルを貯めるための基本的な方法です。マイルを上手に貯める方は、飛行機に乗るだけではなく、日々の買い物などをクレジットカードで行い、そのポイントを移行してマイルを貯める方が多く見られます。

「陸マイラー」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは、飛行機に乗らずにマイルを貯める方たちのことです。

この言葉があるように、マイルは飛行機に乗らなくても貯めることができます。

効率よくマイルを貯めたい方は、クレジットカードの使い道をよく考えてマイルを貯めるようにしましょう。

個人事業主がANAマイルを貯めるための裏技

個人事業主方が、ANAマイルを貯めるための裏技をご紹介します。

マイルを貯めるためには細かいルールなどがありますので、ポイントが貯まる方法を理解して効率よくANAマイル貯めるようにしましょう。

ANA JCB法人カードは還元率が最大で1.075%

一般的なANAJCB法人カードのマイルの還元率は1%です。しかし、ANA JCB法人カードは、利用金額に応じてマイルの還元率を上げることができます。これを「JCBスターメンバーズ」と呼びます。

利用金額とポイント還元率は以下の表をご覧ください。

ランク 年間利用額 ボーナスポイント ANAマイル還元率
ロイヤルα 300万円以上 25% 1.075%
スターα 100万円以上 20% 1.06%
スターβ 50万円以上 10% 1.03%
一般ランク 50万円未満 1.0%

年間の利用額が300万円を超える場合、ANAマイルの還元率は1.075%になります。経費などの支払いや仕入れをクレジットカードで支払う方は、マイルが貯まりやすくなります。

そして、このボーナスポイントですが、Oki Dokiポイントがボーナスとして加算されます。

ボーナスポイントは1 Oki Dokiポイントで3 ANAマイルと交換

ただし、一般利用では1 Oki Dokiポイントで10 ANAマイルに交換できましたが、ボーナスポイントで増えたOki Dokiポイントは、1 Oki Dokiポイントを3 ANAマイルにしか変換できません。

「一般利用のポイント」と「ボーナスポイント」では、Oki Dokiポイントの移行率が異なるのです。

通常獲得ポイント ボーナスポイント
移行レート Oki Dokiポイント
1ポイント=10マイル
Oki Dokiポイント
1ポイント=3マイル

それでは、具体的にどのようにポイントが加算されるか実際にシミュレーションしてみましょう。

年間300万円利用してロイヤルαになったと仮定します。

1,000円利用すると「通常ポイント1 Oki Dokiポイント」と「ボーナスポイント0.25 Oki Dokiポイント」が貯まります。

通常ポイントは、1 Oki Dokiポイント = 10 ANAマイル

ボーナスポイントは、0.25 Oki Dokiポイント = 0.75 ANAマイル

つまり、1,000円を利用すると10.75 ANAマイル貯まります。100円あたり1.075マイルになりますので、利用額が増えてボーナスポイントがもらえると還元率が高くなります。

高額な支払いはクレジットカードを利用するとマイルが貯まりやすくなりますので、ビジネスの支払いをクレジットカードで支払い、効率よく活用するのがポイントです。

クレジットカードで税金などを支払ったり、高額な支払いをカード利用したりすると年間で300万円を超える個人事業主方はいらっしゃいます。カードを上手に利用してマイルを貯めましょう。

VISAとダイナースは作ってはいけない

ANA 法人カードは、JCB以外にも「VISA」「ダイナース」の2種類があります。JCBとはポイントの貯まり方が異なるので注意してください。

実は、VISAカードはポイントが貯まりません。つまり、ポイントでマイルを貯めることができません。正直、ANA VISAカードは作るメリットがないです。

一方、ANAダイナースクラブカードの場合、電気代や税金などをクレジットカードで支払うと還元率が0.5%になります。つまり、ANA JCB法人カードに比べて還元率が半分になってしまいます。

税金をクレジットカードで支払う方は、ポイントが貯まらないので注意しましょう。

また、ダイナースカードは、年会費も20,000円(税抜)と高く設定されているので、ANAカードの中でも年会費が高いです。

ポイントも貯まりにくく年会費が高いため、個人事業主方がダイナースカードを作るメリットがあまりありません。

「ANA VISAカード」「ANAダイナースカード」は、ANA JCB法人カードに比べるとメリットがありません。余程のことがない限りANA JCB法人カードを選ぶようにしてください。

ポイントをマイル移行して貯める

先ほどお伝えしたように、クレジットカードの利用料金に応じてポイントが貯まります。そのポイントを移行してマイルを貯めるようにしてください。

ただ、移行手数料がかかるので注意してください。ポイントを移行する際に手数料が発生するからです。手数料は以下の通りです。

カードの種類 移行手数料 年会費
ANA JCB 一般法人カード 5,000円 2,250円+税
初年度無料
ANA JCB ワイド法人カード 5,000円 11,750円+税
ANA JCB ワイドゴールド法人カード 無料 19,000円+税

ANA JCBワイドゴールドカードだけ移行手数料が無料です。ANA JCBワイドゴールドカードは、年会費が19,000円(税抜)になります。

ANAマイルを貯めたいのであれば、ANA JCBワイドゴールドカードがおすすめです。限度額も高く、マイルを貯めることを考えると1番条件がいいです。

一般カードやワイドカードは、限度額が30~100万円になります。これでは、ビジネスで利用するとすぐに限度額になってしまうことが予想されます。

一方、ANA JCBワイドゴールドカードであれば、限度額が50~250万円になるため、高額の支払いが可能です。

年会費は経費として計上できますので、利益があってマイルを貯めたい個人事業主の方は、ANA JCBワイドゴールドカードを申し込みしましょう。

ANA JCB法人カードを利用する際の注意点

ANAJCB法人カードでマイルを貯める際、いくつかの注意点があります。クレジットカードを申し込んでからでは遅いため、あらかじめ確認しておくようにしてください。

ANA JCB法人カードは、ANAファミリーマイルの対象外

ANA JCB法人カードは、家族間でのマイルを合算することはできません。通常、ANAには「ファミリーマイル」と呼ばれる家族で貯めたマイルを共有し合う仕組みがあります。

しかし、ANA JCB法人カードの場合は対象外になってしまうのです。

ANAカードマイルプラスはワイドゴールドが条件

ワイドゴールドカードのみ「ANAカードマイルプラス」が適用されます。これは、対象商品をANA法人カードで支払うと、ポイントとは別にマイルが貯まる仕組みです。

ANAカードマイルプラス

たとえば、ANAの航空券を購入すると仮定します。ANAの航空券はANAカードマイルプラスの対象商品になります。これをANA法人カードで購入した場合、別途マイルが貯まるのです。

100,000円の航空券を購入した場合、JCBのポイントプログラムである、OkiDokiポイントが100ポイント貯まります。これをマイルに交換すると1 OkiDokiポイント10マイルになるので、1,000マイル貯まります。

さらに、これに加えてANAカードマイルプラスのマイルが1,000マイル貯まるのです。

つまり、100,000円の利用でマイルが2,000マイル貯まります。さらに、航空券の場合フライトマイルが貯まりますので、これに加えてマイルはさらに貯まります。

ただ、ANAカードマイルプラスの還元率は対象商品によって異なり、100円で1マイルのものもあれば、200円で1ポイントのものもあるので注意してください。

対象商品を購入するとマイルが2倍貯まるため、マイルを貯める方はこれを利用しない手はありませんよね。

ANA JCBワイドゴールド法人カードが1番おすすめ!

ANAJCB法人カードは、ANAマイルを貯めたい方向けのクレジットカードです。そのため、ANAマイルを貯めることを考えるとANA JCBワイドゴールド法人カードが一番おすすめです。

年会費は、19,000円(税抜)と一番高いですが、個人事業主の方がビジネスの支払いで利用するとマイルが一番効率よく貯まります。

サービスやマイルの貯まりやすさを考えると、年会費以上の価値があります。それでは、ANA JCBワイドゴールドカードがどのように優れているのかをご紹介しましょう。

入会時にボーナスマイルが2,000マイルもらえる

一般カードの場合、入会・継続時のボーナスマイルは、1,000マイルです。しかし、ワイドゴールドカードの場合、入会・継続時に2,000マイルもらえます。

ボーナスフライトマイル

ANAグループ便を利用すると効率よくマイルを貯めることが可能です。一般カードの場合、ANAの飛行機に乗ると「区間基本マイレージ×10%」がボーナスマイルとしてもらえます。

しかし、ワイドカードやワイドゴールドカードであれば、「区間基本マイレージ×25%」ポイントがもらえます。

ANAの飛行機に適度に乗る個人事業主の方の場合、これらのメリットを考えるとワイドゴールドカードが1番マイルを貯めやすいため、トータルで考えるとお得です。

1マイルをお金で考えると3円程度の価値があるからです。そのため、19,000円(税抜)の年会費を払ったとしてもマイルで元が取れてしまいます。

海外旅行損害保険が自動付帯になる

ANA JCB法人カードは、海外旅行損害保険が自動付帯になります。クレジットカードを所有しているだけで旅行保険が適用されます。

ただ、カードのランクによって保険金額に差があるため、保険を手厚くしたい方は、ワイドゴールドカードを選ぶようにしてください。ワイドゴールドカードであれば、海外でケガや病気をしてしまった際でも安心です。

カードのランク 保険金額 付帯内容
ANA JCB 一般法人カード 最高1,000万円 自動付帯
ANA JCB ワイド法人カード 最高5,000万円 自動付帯
ANA JCB ワイドゴールド法人カード 最高1億円 一部利用付帯
(自動付帯5,000万円)

ANAカードマイルプラス

先ほどお伝えしたように、「ANAカードマイルプラス」があるので、対象商品でマイルが2倍貯まります。マイルを効率よく貯めるのであれば、とても素晴らしいですよね。

マイルを貯めたい方は、ANAカードマイルプラスのあるワイドゴールドカードを申し込みしましょう。

マイル移行手数料がワイドゴールドカードだけ無料

貯めたポイントをマイルに移行する際、移行手数料がかかります。しかし、ワイドゴールドカードだけ移行手数料が無料です。

日々の支払いで貯めたポイントをマイルに移行する際、手数料がかからないのは大きいです。5,000円をポイントで貯めようとすると500,000円利用しなければいけません。

このことを考慮すると、年会費を高く払ってもワイドゴールドカードがお得なことがわかります。

フライト遅延、ロストバゲージが付帯している

飛行機が遅延した場合やロストバゲージの保険があるのは、ワイドゴールドカードだけになります。保険内容は以下をご覧ください。

  • 乗継遅延費用保険金(ホテル料・食事代):2万円限度
  • 出航遅延費用等保険金(食事代):2万円限度
  • 寄託手荷物遅延費用保険金(衣類購入費):2万円限度
  • 寄託手荷物紛失費用保険金(衣類購入費):4万円限度

海外だけではなく、国内旅行でもこれらの補償があるので安心できますよね。フライト遅延は、頻繁に起こります。飛行機を乗り継ぎする際に乗り遅れたら困りますよね。その場合でも、保険があればホテル代や食事代が補償されます。

また、出発が遅れた際も食事代が2万円ほど支払われます。台風や悪天候で出航遅延は頻繁に起こるので、万が一の場合でも安心ですよね。

さらに、飛行機でスーツケースが時間内に届かなかったり無くなってしまったりした場合も保険金が支払われます。

飛行機に乗るとこれらのトラブルが起こる可能性があるため、旅行保険に加入しておくと万が一の場合でも安心できます。飛行機に乗る方は、保険が手厚いワイドゴールドカードにしましょう。

 一般カード ワイドカード ワイドゴールドカード
対象  個人事業主・法人
券面
年会費  2,250円(税抜)  11,750円(税抜)  19,000円(税抜)
追加カード 750円(税抜)  4,000円(税抜)
還元率  1.0%~
ボーナスマイル 区間マイレージ×10% 区間マイレージ×25%
入会・継続マイル 1,000マイル 2,000マイル
マイル移行手数料 年間5,000円 無料
ETCカード年会費 無料
ETCカード枚数制限 複数枚発行可能
限度額 30~100万円 50~250万
国際ブランド
ビジネスきっぷ 全カード、ビジネスきっぷを利用可能
海外旅行傷害保険 最高1,000万円
(自動付帯)
最高5,000万円
(自動付帯)
最高1億円
(一部利用付帯)
※自動付帯5,000万円
国内航空保険
(航空機搭乗中のみ)
最高1,000万円 
(自動付帯)
最高5,000万円 
(自動付帯)
最高5,000万円
(自動付帯)
国内旅行保険 なし 最高5,000万円
(利用付帯)
ショッピング保険 最高500万円
(国内・国外)

申し込み