ビジネスカード

アメックスビジネスゴールドは個人事業主おすすめ!アメックスの魅力

数あるクレジットカードの中でも最もステータス性の高いカードが、アメリカン・エキスプレスです。

そのアメックスのゴールドカードである、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、「ハイステータスのクレジットカード」といっても過言ではありません。デザインも良く憧れますよね。

しかし、このアメックスゴールドですが、審査が通りやすく個人事業主の方におすすめのクレジットカードです。

個人事業主として独立した初年度で発行した方が多くいらっしゃいます。

実際に管理人自身も独立して初年度でしたが、決算書も開業届の控えも必要なく運転免許証だけで審査に通りました。

個人事業主として初めて作ったカードですが、メインで利用しているので大満足のカードです。個人事業主の方にはぜひ、利用してもらいたいカードの1つです。ステータス性も高いため、カードで支払うのが楽しくなります。

年会費は、31,000円(税抜)ですが、ステータス性と付帯サービスは同じゴールドカードの中でも頭一つ飛びぬけています。

年会費は経費として計上できるので、「業績アップをさせる」という意気込みを込めてアメックスゴールドカードを発行してみてはいかがでしょうか。

当サイト経由でお申込みいただくと初年度年会費無料なので、ぜひアメックスゴールドカードを手に入れてください。

アメリカンエキスプレス・ビジネスゴールド・カード

個人事業主クレジットカードアメックスゴールドカード
年会費 31,000円+税 当サイトからの発行で初年度無料
追加カード年会費 12,000円+税/枚
ETC発行枚数 5枚まで可
ETC年会費 500円+税/枚
限度額 審査により個別に決定
国際ブランド
  1. 当サイトからお申し込みの方は、初年度年会費31,000円(税抜)が無料!
  2. 入会初年度に200万円以上のカード利用で30,000ポイントプレゼント!ポイントはマイル、商品券等へ交換できます。
  3. 独立初年度でもゴールドカードが発行できる

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの申し込みはこちら

アメックスゴールドカードが個人事業主にお勧めな理由

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは個人事業主の方におすすめの法人カードです。なぜ、個人事業主におすすめのクレジットカードなのでしょうか。

その理由をご紹介していきましょう。

アメックスゴールドは個人事業主でも審査に通る

一見、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは個人事業主の方では審査に通らないようなイメージがあります。しかし、実際は個人事業主の方でも審査に通るクレジットカードです。

実際、管理人も個人事業主として独立した初年度にアメックスビジネスゴールドカードを発行しました。

アメックス個人事業主審査

年間の売り上げが80万円ほどで経費が56万円でした。利益が27万円しかありませんでしたが、無事に審査に通りアメックスカードホルダーになれました。

個人事業主の方であっても、アメックスビジネスゴールドカードは発行できます。知人の個人事業主の方もJCB法人カードは審査に通りませんでしたが、アメックスゴールドカードは審査に通っていました。

サラリーマンに比べて個人事業主の方は審査に通りにくいので、そのことを考えるとアメックスゴールドカードは個人事業主に適しているビジネスカードではないでしょうか。

アメックスビジネスゴールドカードはステータス性が高い

クレジットカードの中で最もステータス性が高いカードがアメックスです。その中でもゴールドカードであるアメックスゴールドカードは、ステータス性が高いのが魅力ですよね。

実際、一般的なサラリーマンの方でアメックスゴールドカードを利用している方はほとんどいらっしゃらないですよね。芸能人や社長、良し、弁護士や一流企業の役職の方などが愛用しているので、とてもステータス性が高いカードになります。

そのようなカードを個人事業主でも発行できるのであれば、とても魅力的ですよね。

個人事業主になると接待などの機会も増えるため、そういったカードを利用すると見栄を張れるわけではありませんが、相手の印象も良くなります。

実際、接待や会食でビジネスゴールドカードを利用する機会がありますが、「アメックスゴールドカードかっこいいですね」と言われることがあります。

そういう意味でアメックスゴールドカードを作ったわけではありませんが、褒められて決して悪い気分はしません。

見栄を張るわけではありませんが、個人事業主として社長としてクレジットカードを持つのであれば、ステータス性の高いカードを発行することをおすすめします。

アメックスゴールドカードの年会費は経費計上できる

アメックスゴールドカードの年会費は、31,000(税抜き)です。ビジネスゴールドカードの中では高い年会費ですが、年会費は経費として計上できますので非課税です。

個人事業主としてビジネスで成功したいのであれば、アメックスゴールドカードはステータス性やサービス共に申し分ないカードです。

年会費はかかるものの経費として計上できるので、年会費はビジネスの投資だと考えるようにしてください。見栄を張るわけではありませんが、相手に与える印象は良くなります。

今後のビジネスを発展させるかもしれませんので、個人事業主の方もステータス性の高いアメックスゴールドカードを発行するようにしてください。

国内であればほとんど利用できる

「アメックスは国内で使えない」というイメージを持っている方は多くいらっしゃいますが、決してそんなことはありません。国内であればほとんどの場所で利用できます。

確かに、昔はあまり使える場所がありませんでしたが、JCBとAMEXが提携したことで国内でもアメックスを利用できる場所は多くなりました。JCBが使えるところであれば、「99%アメックスが使える」と言っても過言ではありません。

国内であれば、ほとんどのお店でJCBは利用できます。つまり、国内であればほとんどアメックスが利用できるのです。

利用できる場所が多いので、アメックスは個人事業主の方に取ってとても便利なクレジットカードです。

AMEXゴールドカードのポイントや還元率

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、ポイントが貯まりやすいクレジットカードです。経費をカードで支払う個人事業主の方には、ポイントが貯まるととても魅力的ですよね。

アメリカンエキスプレスは100円で1ポイント貯まる

アメリカンエキスプレスですが、100円の利用で1ポイント貯まります。このポイントはアメックスが提携しているサービスで使うことが可能です。

旅行に行ったり買い物をしたりできます。1ポイント1円として使えるものもあれば、0.5ポイントとして使えるものもあります。

ただ、中々1ポイント1円として使えるサービスがないので、アメックスはポイントの還元率がそこまで良いわけではありません。

メンバーシップ・リワードにするとポイント還元率が良くなる

ポイントの還元率があまりよくないアメックスですが、「メンバーシップ・リワード」というサービスを使うとポイントの還元率が良くなります。

このサービスに登録すると、各航空会社のマイルにアメックスポイントを移行できるようになります。提携会社は以下の15社です。

  • 全日空(ANA)
  • アジア・マイル
  • アリタリア イタリア航空 クラブ・ミッレミリア
  • エティハド航空 エティハド ゲスト
  • エミレーツ航空 エミレーツ・スカイワーズ
  • カタール航空 プリヴィレッジクラブ
  • エールフランスKLM フライング・ブルー
  • シンガポール航空 クリスフライヤー
  • デルタ航空 スカイマイル
  • チャイナエアライン ダイナスティ・フライヤー・プログラム
  • ブリティッシュ・エアウェイズ エグゼクティブ・クラブ
  • ヴァージンアトランティック航空 フライングクラブ
  • タイ航空 ロイヤルオーキッドプラス
  • スカンジナビア航空 SAS ユーロボーナス
  • フィンエアー フィンエアー・プラス
アメリカンエキスプレスマイル移行

メンバーシップ・リワードに登録すると1,000ポイントで1,000マイルに交換することが可能です。航空会社によっては、1,250ポイントで1,000マイルのところもあります。

メンバーシップ・リワードに登録しなくてもマイルに交換できますが、2,000ポイントで1,000マイルと交換になります。

ただし、メンバーシップ・リワードは、年間で3,150円かかりますが、ポイントの還元率0.5%から1%になるので、飛行機に乗る方は必ず加入したほうがいいです。

管理人もアメックスでポイントを貯めてそれをマイルに交換しています。アメックスで経費を支払うので、マイルがすぐに貯まります。それでビジネスクラスに乗るのが1つの楽しみです。

マイルでなければ、値段が高くてビジネスクラスには乗るのは簡単ではありません。アメックスでポイントを貯めてマイルに交換しましょう。

アメックスだけ使えるポイントが貯まる裏技

アメックスは、ほかのクレジットカード会社にはない「デポジット」機能があります。

これは、アメックスの引き落とし口座に入金している金額だけアメックスの利用額が増えるというものです。

たとえば、アメックスの限度額が200万円の場合、200万円しかカードを利用することはできません。

しかし、そこで銀行口座に300万円を入金しておくと一時的に限度額が500万円になります。

アメックスデポジット機能

これを利用するだけで、限度額を超えたカード決済をすることが可能です。仮に、500万円をカードで支払えば、アメックスポイントはすぐに貯まりますよね。

たとえば、ネットの広告費などはクレジット決済できますので、大きな支払いがある場合は現金ではなくカードを利用するとポイントが貯まります。

アメックスビジネスゴールドカードの魅力的な特典

アメックスのゴールドカードには、さまざまな魅力的な特典が用意されています。

アメックスといえば、クレジットカードの中でも最もステータス性に優れているカードなので、その特典もほかのクレジットカードに比べて高い特典になります。

魅力的な海外旅行損害保険

アメックスのゴールドカードは、「海外旅行損害保険」が付帯されています。海外旅行や海外出張があった際、とても重宝します。

病気やケガになって現地の病院を利用した場合、高額な医療費がかかってしまいます。最悪の場合、数十万円から数百万円かかることが予想されるので、困ってしまいますよね。

そこで海外旅行保険を利用すれば、保険が適用されるので心配いりません。また、ほかのビジネスカードよりもアメックスは手厚い保険が付帯されていますので、アメックスを持っておけば海外旅行保険の心配はいりません。

保険金の種類 旅行代金*1をカードで決済しない 旅行代金*1をカードで決済*2する
基本
カード会員
基本カード
会員のご家族*3
家族カード
会員
基本
カード会員
カード会員の
ご家族*3
家族カード
会員
国内
旅行
傷害死亡保険金 補償なし 補償なし 5,000万円 1,000万円 5,000万円
傷害後遺
障害保険金
補償なし 最高 
5,000万円
最高
1,000万円
最高
5,000万円
海外
旅行
傷害死亡・
後遺障害
保険金
最高 
5,000万円
最高
1,000万円
最高
1億円
最高
1,000万円
最高
5,000万円
傷害治療費用
保険金
最高200万円 最高 
300万円
最高
200万円
最高
300万円
疾病治療費用
保険金
最高200万円 最高 
300万円
最高
200万円
最高
300万円
賠償責任
保険金
最高4,000万円 最高4,000万円
携行品損害保険金
(免責3千円/
年間限度額
100万円)
1旅行中
最高50万円
1旅行中
最高50万円
救援者費用
保険金
保険期間中
最高300万円
保険期間中
最高400万円
保険期間中
最高300万円
保険期間中
最高400万円

*1 旅行代金とは、国内旅行の場合、公共交通乗用具、宿泊料金、宿泊を伴う募集型企画旅行(パッケージ・ツアー)の料金をいいます。海外旅行の場合、日本出入国のために時刻表に基づいて運航される国際航空機または国際船舶のチケットやパッケージ・ツアーの料金をいいます。

*2 保険の適用には、公共交通乗用具のチケット、あるいはパッケージ・ツアーをアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでご購入されたことの証明が必要です。カードご利用控は大切に保管してください。

*3 ご家族とは、カード会員(家族カード会員を含む)の配偶者、カード会員と生計を共にするお子様・ご両親などの親族をさします。なお、生計を共にするとは、健康保険証を共有しているか税法上扶養関係にある場合をいいます。親族とは6親等以内の血族、3親等以内の姻族の方をいいます。

※事故にあわれた日から遅滞なくご通知ください。

※補償内容などの詳細につきましては、「旅行傷害保険補償規定」をご覧ください。

※本ページの内容は2015年3月現在の内容となります。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード旅行関連保険より引用

利用付帯と自動付帯の違いですが、利用付帯は航空券や旅行ツアーをアメックスで支払った場合のことです。

一方、自動付帯はアメックスのゴールドカードを所有しているだけで適用されることになります。

アメックスを利用すると保険金額は大きくなる仕組みです。とはいえ、さすがアメックスです。自動付帯でさえ高額な補償になっていますので、アメックスを持っていれば海外でケガや病気、盗難などにあったとしても安心です。

アメックスの家族特約

アメックスの海外旅行損害保険ですが、家族特約が付いてます。本人だけでなく、家族に何かあった場合でも配偶者や子供まで保険が適用されます。

家族旅行で子供がケガや病気になってしまったことを考えると、アメックス海外旅行保険は非常に素晴らしいですよね。

ほかの個人事業主向けのカードにはこのサービスはありませんので、ご家族がいる方はとても便利です。個人事業主の方で海外旅行に行かれる方は、アメックスゴールドカードを持っておきましょう。

お金がなくても病院に行けるキャッシュレス受診

海外旅行保険があるからといっても、海外でケガや病気になってしまった際、全くお金がいらないわけではありません。多少の現金(現地通貨)が必要になります。ただ急に、現地のお金を用意できませんよね。

そこでアメックスゴールドカードでは、キャッシュレス受診ができます。これは、現地のお金を持っていなくても現金を支払わずに治療や受診ができるサービスです。

これを利用すれば、その場でお金を支払わなくても病院を利用できます。

具体的な方法としては、まずアメックスに電話します。そこで事情を話せば、キャッシュレス受診ができる病院を紹介してくれる仕組みです。

海外で電話する際は、ホテルのフロントに言えば電話してくれます。また、英語が出来なくても日本語対応な病院を紹介してくれますので、海外でも安心して利用できます。

便利なプロテクション制度

アメックスには、便利なプロテクション制度があります。これは医療保険とは異なる補償制度のことです。

キャンセル・プロテクション

これはやむを得ない理由で航空券やチケットなどをキャンセルした場合の補償制度です。たとえば、あなたや家族が病気や事故などで急遽入院した場合、キャンセルしなければいけないですよね。

しかし、この制度を利用すればキャンセル費用を補償してくれます。

オンライン・プロテクション

インターネット上で決済する際、カードを不正利用されてしまうケースがあります。

インターネット通販でビジネスの備品や仕入れなどをする方は、何かトラブルがあった場合大きな損害を受けてしまうのではないでしょうか。

その場合でもアメックスであれば、不正利用による損害を全額補償してくれます。

リターン・プロテクション

アメックスで商品を購入した際、「返品したい」場合があるのではないでしょうか。その場合、購入したお店が返品を受け付けない場合、アメックスがその金額を全額補償してくれるサービスです。

ただ、購入から90日以内になり、1つの商品に対して3万円相当まで全額補償されます。なお、年間で最高15万円相当が補償対象金額です。

ショッピング・プロテクション

ショッピング・プロテクションとは、ショッピング保険のことです。カードで商品を購入した際に、商品が破損したり盗難にあったりした場合に適用されます。国内、国外問わずに利用できるので安心して商品を購入できます。

ただ、購入日から90日間で年間500万円までになるので覚えておきましょう。そして、無料ではなく1事故につき1万円の費用がかかります。

VIP会員クラブ「クラブオフ」に加入できる

アメックスゴールドカードは、法人向け会員制クラブであるクラブオフ(Club Off)が利用できます。

これは、国内のホテルや旅館、レンタカー、カフェ、レストランなどのさまざまなサービスが利用できるので、とても便利です。

居酒屋で10%割引などもあるため、利用しない手はありませんよね。

会員制のクラブですが、アメックスゴールドカードになると月額500円の年間6,000円のVIP会員が特典で無料付帯します。追加カードでも受けられるサービスになるため、社員がいる個人事業主の方は福利厚生で利用するのも1つの方法です。

ビジネス・ダイニング by ぐるなび

アメックスには「ビジネス・ダイニング」と呼ばれるぐるなび社と提携している接待や会食するときのレストランの予約をサポートしてくれるサービスがあります。

予算や要望を伝えるといくつかお店をピックアップしてくれます。地方の方が、東京で会食するのは土地勘がないとどこがいいのかわかりませんよね。

そのような出張先で会食するときは、このサービスがとても便利になります。

空港利用時の便利な特典

アメックスは、空港利用時に便利な特典がさまざまあります。飛行機を利用する方は、アメックスの特典を活用しましょう。それでは、解説していきます。

空港での手荷物の無料宅配サービス

海外へ行くときや帰国時に手荷物を無料で宅配してくれるサービスがあります。出発時は自宅から空港までスーツケース1個を無料で宅配してくれます。

また、帰国時も空港からスーツケースを自宅や指定する場所に無料で配送してくれるので、海外に行く場合は活用しましょう。

ただし、対応しているのは以下の4つの国際空港だけになります。

  • 成田国際空港
  • 羽田空港国際線
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港

また、利用時には細かいルールがあるので事前に確認しておきましょう。

  1. 出発時は、7日前までに予約が必要です。
  2. 出発時に空港で荷物を引取る際、宅配票、搭乗券(または予約確認書)、アメックス・ビジネス・ゴールド・カードの3点を呈示する必要があります。
  3. 帰国時の利用には、搭乗券とアメックス・ ビジネス・ゴールド・カードの呈示が必要になります。
  4. スーツケース以外の手荷物(スノーボード、サーフボード、ゴルフバッグなど)は、縦 × 横 × 高さの3辺が合計120cm。そして、重量が20kg以内のものに限るので注意が必要です。

また、東京駅から東京23区内に宿泊するホテルへの配送もできますので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

空港クロークサービス

空港で荷物を預かってくれるサービスです。ただ、1人2つまでになり、中部国際空港に限ります。利用する際は、ぜひ活用してください。空港の待ち時間を快適に過ごせるのではないでしょうか。

無料ポーターサービス

空港利用時に荷物を専任スタッフが運んでくれるサービスです。

  • ご出発時は空港の駅改札口やバス停からチェックインカウンターまで
  • ご帰国時は到着ロビーから空港の駅改札口やバス停まで

ただし、対象空港は成田国際空港と関西国際空港になります。また、事前に電話での連絡が必要ですので、覚えておきましょう。

エアポート・レストラン・クーポン

エアポート・レストラン・クーポンは、羽田空港や伊丹空港の中にある対象レストランで1,000円食事券をもらえるサービスです。1,000円分の食事券を貰えるので食事代がかからなくてすみます。

国際線の利用ではなく国内線の利用で使えるため、積極的に利用しましょう。

エアポート送迎サービス

タクシーを使って空港まで行く際、定額でタクシーを利用できるサービスです。海外への出発時や帰国時にタクシーを利用できるので、便利なサービスです。

ただ、5,000円以上かかってしまう距離ではなければあまりメリットはありません。

たとえば、東京23区から成田国際空港まで定額10,000円で行けます。神奈川からは定額15,000円になります。安いですが、電車やバスを利用したほうが安いです。タクシーを利用して空港に行く際は利用すると良いでしょう。

対応空港は「成田国際空港」「中部国際空港」「関西国際空港」の3つです。

空港ラウンジが利用できる

ゴールドカードで入れる空港ラウンジが利用できます。このとき、アメックスであれば同伴者も1名無料で利用できます。

誰かの空港を訪れた際、自分だけラウンジを利用するのは気が引けますよね。その場合でもアメックスであれば、同伴者もラウンジを利用できるので便利です。

ラウンジ内では飲食が無料で提供されており、コンセントが各テーブルや椅子にあるので、快適に飛行機の待ち時間を過ごせます。

パソコンで仕事をしたりスマホを充電したりできるため、空港を利用する際はぜひ活用してください。

国内航空機の遅延費用を補償するサービス

アメックス・ビジネス・ゴールド・カードを利用して航空券を購入した場合、国内飛行機が遅れた場合などに対する補償があります。補償内容は以下の通りです。

乗継遅延費用:1回の到着便の遅延で最高20,000円の補償

飛行機の乗り継ぎがあるケースで飛行機が遅延してしまうことはよくあります。その場合、次の飛行機に乗れなかったとき、最高で20,000円が補償されます。

また、4時間以内に代替便の飛行機に乗れなかった場合、宿泊料金など最高20,000円が補償されるのです。天気などの影響で飛行機遅延はよくあります。

同じ航空会社であれば、代替便を用意してくれますが、格安航空などでは用意してくれません。そういった場合でもアメックスであれば、安心ですよね。

出航遅延、欠航、搭乗不能費用:1回につき最高20,000円

飛行機が4時間以上遅延した場合や欠航してしまった場合、20,000円が補償されます。

受託手荷物遅延:1回の受託手荷物の遅延で最高20,000円

飛行機は搭乗口で荷物を預けますが、荷物が送れてしまうケースが稀にあります。その場合、最高で20,000円が補償されます。

飛行機が目的地に到着してから6時間以内に届かなかった場合、適用されるので万が一の際は覚えておきましょう。

受託手荷物紛失:1回の受託手荷物の紛失の際最高40,000円

搭乗口に預けた荷物が紛失してしまった際、最高で40,000円補償されます。具体的には、飛行機が到着してから48時間以内に荷物が届かなかった場合、紛失したものとみなされます。

そして、到着後に購入した衣類や生活雑貨などの購入費用として40,000円補償されるのです。海外の航空会社を利用するとこのような紛失トラブルが起こるケースがあるので、覚えておきましょう。

アメリカン・エキスプレスJALオンライン

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの方限定で、JAL国内線の航空券を特別価格で手に入れることができます。

JALを利用する機会がある方は、ぜひ登録するようにしましょう。

そして、無料登録するとJALの国内線ラウンジ「サクララウンジ」が無料で1回利用できるクーポンがプレゼントされます。

飲み物や軽食などが無料なので、登録してラウンジだけを利用するのも1つの方法です。

また、JALを利用すると利用回数に応じてラウンジのクーポン券がプレゼントされます。対象期間「4~9月」「10~3月」の6カ月の間で10回JALを利用すると、5回分のラウンジがプレゼントされます。

JALをよく利用する方は、ぜひJALオンラインを活用するようにしましょう。

そのほかの便利なサービス

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードにはそのほかにもさまざまなサービスが用意されています。あまり利用する頻度はないかもしれませんがご紹介します。

利用する場合があるかもしれませんので、どのようなサービスがあるのか把握しておいてください。

東京駅からの手荷物宅配サービス

東京駅から東京23区内に荷物を無料で宅配してくれるサービスです。

予約は不要ですが、朝11:00までに東京駅の専用デスクに手荷物の宅配を依頼しなければいけません。余程のことがない限り、自分でそのまま荷物を持って行ったほうが早いです。

ただ、朝早く東京駅についてほかの用事がある場合やそのまま仕事で荷物をホテルに預けて欲しいときは、荷物を宅配してもらいましょう。

帝国ホテルでの会員専用ビジネスラウンジが利用できる

ビジネス・ゴールドカードを持っていると、帝国ホテルでアメリカン・エキスプレス専用のビジネス会員ラウンジを利用できます。東京・有楽町や新橋の周辺で打ち合わせする機会が多く、打ち合わせ場所がない方はラウンジを利用してみてはいかがでしょうか。

ただし、月額20,000円(税抜き)の費用が別途かかるので、アメックスゴールドカードを持っていれば無料で利用できるわけではありません。

月額制なので利用時にはお金はかかりません。また、同伴者も1名であれば無料で利用できますので、帝国ホテル周辺でよく打ち合わせをする方は月額会員になるのがおすすめです。打ち合わせの回数が月に10回以上行う方は、利用しても良いかもしれません。

ただし、東京駅から離れているので住所をよく確認しておきましょう。

ミーティング・スクエア 「帝国ホテル 本館 5階」
〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-1
営業時間 10:00~18:00(年末年始休)

コンサルサービス

アメックスでは、経営相談などのコンサルサービスを行っています。もし、経営について相談したい方は利用してみるようにしましょう。何かアドバイスを貰えるかもしれません。

まとめ

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは個人事業主の方にとってとてもおすすめなクレジットカードです。審査に通りやすく、ほかのクレジットカードが審査に通らなくてもアメリカンエキスプレスであれば、きっと審査に通るはずです。

ほとんど売り上げのない管理人が独立初年度で発行できましたので、余程のことがない限り審査に通るのではないでしょうか。

年会費は31,000(税抜き)でほかのゴールドカードよりも高めですが、年会費を経費として計上できる点やポイントを貯めてマイルに移行すれば、年会費はすぐに元が取れてしまいます。

年会費の高さ以上にメリットがあるカードですので、まずは騙されたと思ってビジネスゴールドカードを利用してみましょう。当サイト経由であれば、初年度年会費無料なので、試しに利用してみる価値はあるのではないでしょうか。

管理人自身、アメックスゴールドカードを利用していますが、年会費以上に価値があるカードです。ポイントも貯まりやすいですし、ステータス性にも優れています。

アメックスビジネスゴールドカードは、利用しきれないほどの特典があります。個人事業主の方でも審査に通るので、ぜひアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードを発行しましょう。そして、ビジネスで大きな業績を上げてください。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
券面
年会費 31,000円+税 当サイト経由で初年度無料
追加カード年会費 12,000円+税/枚
ETC年会費 500円+税/枚 最大5枚まで発行可
限度額 審査により個別に決定
国際ブランド
海外旅行保険 最高1億円(自動付帯)
国内旅行保険 最高5,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高500万円
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード
100円=1ポイント
支払い方法 1回払い
(リボ払い・分割払い・ボーナス1回払いは、入会後6ヵ月以降に申請で利用可)
発行期間 2~3週間

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの申し込みはこちら